日本にいるからこそ🎐

日本人も知らない日本を知る

最大級のおうち現実逃避法!¥9,980ホームシアターで脳内旅行のススメ

家庭菜園、激せまプール、おうちBARなど、おうちで楽しめる方法を引き続き色々と試している。映画館の大きなスクリーンで映画を観たいけれど、映画館に行くのは気が引けるので、おうちシアターを作ることにした。問題はスクリーンとプロジェクター。結構高いからなぁと思っていたら、両方ついて¥9,980(¥2,000割引き適用後)という破格値のモノを見つけた。恐らく中国製なのだけれど、レビューがとてもいいので、恐る恐る購入。

www.amazon.co.jp

プロジェクターは、すごく小さくて持ち運びが便利。

f:id:Nisshi:20200906121636j:plain

スクリーンは、ただの白い布が同梱されていました。布を壁に、画びょうでぶっさして設置完了。

f:id:Nisshi:20200906122632j:plain
夜にツタヤへDVDを借りに行き、旦那にギムレットを作ってもらう。ちなみに、中国語の先生曰く、「中国でDVDレンタル屋なんか、もう見たことがない。TVでインターネットができるから、映画はダウンロードして家で観るのが普通(しかも新作でなければ、無料らしい)。私は7-8年、もう映画館に行っていない」とのこと。日本はかなり遅れているようだ。

f:id:Nisshi:20200906121716j:plain

部屋を真っ暗にして前のスクリーンに映画を映すと、映画館さながらの雰囲気が出てテンションがあがる!「スクリーンのもっと上の方に映せばいいじゃないか」とお思いでしょうが、首が疲れるので、下の方に映しているんです。

f:id:Nisshi:20200906121747j:plain

今回は、こちらの香港・中国合作の映画をチョイス。大きなスクリーンのおかげで、家にいることを忘れて映画にのめりこむ。ギムレットをちびちびと飲みながら、映画を観られるのもとてもいい。中国語の勉強にもなると思って借りたけれど、どうやら言語は広東語のようだ。

f:id:Nisshi:20200906123349j:plain

Source: https://eiga.com/movie/92434/

映画を見ながら、中国の文化がちらほらと垣間見られるのが面白い。街の風景、人と人との触れ合い方、コミュニケーションの取り方、食べている物の違い。映画を観ているうちに「あぁ、中国で暮らしてみたいな」などと思ってしまう。さらに、この映画のストーリーもとてもよかった。映画が終わった後、とても晴れやかな気分になり「私も頑張ろう!」と思ったのと同時に、「人の成功を羨んだりせずに、自分の大きな成功のために、コツコツと努力をすることにフォーカスしよう」と思った。もし、人と比べて「私なんて・・・」と思っている人がいたら、ぜひこの映画を観ることをお勧めしたい。

私にとっては、異国の映画を観ることは、おうちでできる最大限の現実逃避です。場所は日本でも、目にしている風景と言語は異国であり、脳内旅行をしているようなもの。映画を観ることでも、旅行でいつもしているように、新しい場所へ行き、新しいことを知り、普段考えないようなことを考えさせられることができる。

これから毎週末、色んな映画を観て、いろんな国へ脳内旅行をしようかな。