日本にいるからこそ🎐

日本人も知らない日本を知る

海辺で勝手に、オカリナリサイタル♪

インスタで、ビーチやお花畑でハープを弾いている人の写真を見て、「あぁ、私もオカリナを外で吹こう!」と思い立つ。近くにちょうど海があり、旦那が釣りに行くというので、オカリナと瓶ビール(と柿ピー)を持って一緒に行くことにした。

涼しくなる夕方18時に漁港に着くと、まだ釣りを楽しんでいる人が結構いる。この釣り人の間近でオカリナを吹く勇気はないので、近くにある高台から披露することにした。今日は曇っているけれど、この高台の真正面にはでーんと富士山が見えるのです。

f:id:Nisshi:20200904113807j:plain

毎回テーマを決めて吹くことにした。ちなみに今日のテーマは昭和。テレサテンの「月亮代表我的心」から始まり、坂本九の「見上げてごらん」「上を向いて歩こう」の3曲を披露。ここからだと、釣りをしている人は小さくしか見えないので、緊張しない。それに、広い空間にオカリナの音が響いて、とっても気持ちがいい。釣りをしていた旦那曰く、ほんのりと遠くから、オカリナの音が聞こえてくる感じだったらしい。方向は違ったけれど、きれいな夕日も見られてなんだかスッキリ!

f:id:Nisshi:20200904114409j:plain

もし家でオカリナを吹くのが難しい方は、ぜひ、海辺や高台などで吹いてみてください。私は昔、まだまだ下手っぴだった頃は、自宅で雨戸を閉めてコソコソと吹いていました。が、このように広くて、人があまりいないところで練習すれば、気兼ねなく吹けます。

そこにいる人々に、強制的に聞かせるタイプのリサイタルを開催することもできるしね。