日本にいるからこそ🎐

日本人も知らない日本を知る

あまり生活の変わらない人

緊急事態宣言が出てからというもの、色んな方が大変な時期を過ごしていることと思います。家で窮屈にすごさねばならなかったり、店を閉めなければならなかったり。テレビを見ては、色んな大変な状況にため息をつきながらも、私は世間とのズレをひっそりと感じていた。なぜならば、私の生活は緊急事態宣言が出る前と、さほど変わっていないからだ。

もちろん、茶屋は休業したし、ライターの仕事は来なくなった。でも、まぁ時間が経てば、茶屋もライターも再開するだろうし、何より「平日は、世間様と同じように、自分も働かなくては!!」といった固定概念から解き放たれて「あぁ、別に今、何しててもいいんや~。じゃあ、のんびり好きなことするか~」という、ある意味、本当の自分(仕事という枠に囚われずに、好きなことをしたいという)を見つけることができた気がする。そして、最近、所ジョージがテレビで「あまり前と生活は変わっていない」と話しながら、家で色んなことを楽しんでいるのを見て「あぁ、良かった。自分と同じような人が他にもいて」と何だか安心し、そろそろブログを書くかなという気になった。所さん、ありがとうございました。

ということで、この緊急事態宣言が出ている間、私は自宅で楽しめる面白そうなアクティビティに片っ端からトライし、新しい趣味まで見つけてしまった。

例えば、家庭菜園。うちは庭がないので、駐車場の一角に、べジトラグという立体式の畑スペースを設置。なす、トマト、きゅうり、えだまめ、南瓜などを植えて、毎日の成長を楽しんでいる。

f:id:Nisshi:20200517141156j:plain

ハーブも栽培。パクチー、ミント、ラベンダーにカモミールローマン(今は枯れてしまった・・・)など、ちょっと料理やお茶を飲むのにほしくなるものを自家栽培している。

f:id:Nisshi:20200517141756j:plain

そして、今ハマっているのは、曼陀羅の塗り絵。この本には、色んなデザインの曼陀羅が白黒で描かれており、それを好きな色で塗っていく。

f:id:Nisshi:20200517141546j:plain

色を重ねていくことで、最終的にどんな曼陀羅が出来上がるのかとてもワクワクする。気づけば16時~22時まで、夜ご飯を食べる時間を除いて、ずっと色を塗っていることもあった。もともと美術が好きだったので、今後は、曼陀羅自体を自分で描けるようになりたい。

f:id:Nisshi:20200517141600j:plain

他にも、双眼鏡を買って、二階の窓から燕を眺めたり。向かいのおうちの玄関に巣ができていて、親鳥がいつも雛に餌をやっているのを見て和んでいる。いえ、私は決して、双眼鏡で人の家をのぞき見したりはしておりません。

f:id:Nisshi:20200517224108j:plain

あとは、オンラインでアーユルベーダの復習。2014年にアーユルベーダを学びに、南インドのアーユルベーダ学校へ短期で通ったことがあるのだけれど、そこがありがたいことに、オンラインで授業をしてくれているのだ。

中医学にも興味があるが、それは今後、中国語がもっとできるようになってから、中国本土で勉強したい。

f:id:Nisshi:20200517224113j:plain

ということで、割に楽しく過ごしていたら、私の住んでいるエリアは緊急事態宣言が解除され、茶屋の営業がまた始まることになった。そして、待っていたかのように、唐突にライターの仕事も始まり、約1カ月の自由時間はあっという間に過ぎてしまった。

でも、これからも「自分のペースで自分の好きなことをする」というポリシーは、崩さないつもり。