日本にいるからこそ🎐

日本人も知らない日本を知る

周りで災難が起きた時の、心構えを考える

去年臨時カフェをさせてもらったエリアに大きな火事があったことを昨日知り、一日無気力になってしまった。幸いけが人はおらず、私が足しげく通うカフェは無事だったそうだが、そのエリア内の他のカフェは焼け焦げ、施設を管理している方(私の人生の師匠でもある)の家も焼け焦げたとか・・・。自分の大切な人や場所が大惨事にあったことで、なんだか心のどこかにぽっかりと穴ができた。そしていつもポジティブな感情を保ち続けるためにしていることは、この時役に立たなかった。一日中ネガティブな気分で過ごし、気分を切り替えられるよう早く明日になってほしいと思った。

翌日になり客観的に昨日の自分を降り返ってみると、二つの問題があった。一つ目は「幸せに暮らしたければ、常に自分の感情に責任を持つこと」というインド人講師の教えを守れなかったこと。二つ目は感情に流されたおかげで、自分が昨日もともとする予定だったことをしなかったこと。この問題を解決する手段を持っておかないと、人の悲しみや不幸に自分が影響され続けて、まともな生活を送れなくなる気がする。今回は一日程度で済んだが、これが何年も続くようなものだったら今度は自分が病むかもしれない。ということで、昨日私はどのように対処するのがよかったのかを客観的に考えてみる。

f:id:Nisshi:20200111135911j:plain

色々と調べていると、我々にはミラーニュートンという細胞があるのだそう。この細胞は他人の経験を見ただけで活性化し、自分の脳内でその経験を再現するらしい。相手が泣いているのを見て自分も涙が出てくるのも、この細胞の働きなのだとか。ということは、昨日の身近な人の災難を自分の経験のように捉えて悲しくなったのは、自分の意志に関わらずこの細胞の働きによるものであり、自然な現象と言える。そしてこのメカニズムを知ったことで、次から人の悲しみを知って自分も悲しくなった時に『あぁ、ミラーニュートンが作動しているなぁ』と少し冷静になれ、感情に流されるのを防げるかもしれない。

次に、ではなぜその悲しい感情を止められなかったのか。それは実は自分が止めたくなかったからではないだろうか。今回の出来事が悲しいのは悲しいが、その一方でそこにはこんな心理も働いていたように思う。『自分の周りでこんな不幸なことがあったのだから、自分だけがのんきに〇〇などしていてはいけないのではないか。自分も同じように悲しまないといけないのではないか・・・』私がこのように思う心理には、周りの人に自分は非情だとか不謹慎だという風に思われたくないからなのかもしれない。なぜ自分は冷たいと周りに思われたくないかというと、周りの人との関係が壊れて孤独になるのを避けたいからという、社交動物としての人間の性質と言える。つまり私は「自分も悲しむこと→冷たい人と思われない→周りの人との関係を良好に保つ」と認識していることになる。

f:id:Nisshi:20200111135950j:plain

しかしネットでこんな一文を見つける。「人の不幸を背負わなくても冷たい人ではありません。背負わなくても温かい人になれます」ではここで言う”温かい人”とはどんな人なのかを考えてみる(まずい、難しいことを今考えすぎている。なかなか解にたどり着かない)。自分が温かい人として思い出すのは、まずシンガポールのTeoさん。私がシンガポールで孤独に陥ったりうまくいかなかったときに、いつも笑顔で迎えて話を聞いてくれた。美味しいものをご馳走してくれたりチャイナタウンを案内してくれたりもし、帰る頃には私はいつも笑顔になった。そして今回火事に遭われた私のメンターのおじさま。彼もまた落ち込んでいる私をいつも笑顔で迎えてくれて、ポジティブな助言で明るい方向へ導いてくれた。私が温かさを感じた具体的な点はお二方とも笑顔で出迎えてくれ、私がポジティブになることをしてくれた(もしくはしてくれようとした)点であり、私と一緒に悲しみに暮れることではない。ということは人の不幸を背負わなくても温かい人になるには、相手がポジティブになれそうなことを具体的にすることだと言える。例えポジティブにならなくても、誰かが自分を笑顔にしようとしてくれているのを知るだけでも、嬉しくてポジティブになる気がする。

f:id:Nisshi:20200111135221j:plain

結論として昨日私が対処すべき方法は、②だったのだ。そうすれば、自分の思考も前向きになるし、相手が少しでも笑顔になってくれるところを想像すると自分もホッとする。

①「自分も悲しむ→冷たい人と思われない→周りの人との関係を良好に保つ」:×

②「相手がポジティブになれそうなことを考える→それをする→周りの人との関りを良好に保つ」:◎

あぁ、久々に難しいことを考えたから頭痛が・・・。あんまり解のないことを考えすぎるとネガティブになるので避けていたが、たまには何かを突き詰めて考えるのも頭の体操的にいいのかもしれない。それに同じ結論が本に書かれていたとしても、自分で考え抜いていないと納得感が低くなるしね。