日本にいるからこそ🎐

日本人も知らない日本を知る

田舎で働けばいいんでないの?

ふと思い立って、ネイルサロンへ行く。すると今日はいつも見るお姉さんではない方が担当してくれた。色々と話していると、彼女は車と電車を乗り継いで一時間半かけてここに通勤していることが分かった。「えぇ!?毎日大変じゃないですか?」と聞くと、その辺に住んでいる方はみなそんな感じで町まで時間をかけて、通勤されているとのこと。「道が混んで時間がかかるとかじゃないんです。ただ単に距離が長いだけで。運転するのも嫌いじゃないので、まぁいいかなって」ちなみに家の周りには田んぼなどしかなく、家の窓からはどでかい富士山が見えるのだとか。「最近寒くなって来たので空気が澄んで、富士山もきれいに見えますよ。富士山に雪もかかりだしましたしね」

(こういうやつ?)

f:id:Nisshi:20191114151907j:plain

15年前に結婚して都会から引っ越ししてきた時は、そのド田舎さがとても嫌だったという。けれど歳を取るごとに、自然の多さや富士山が家から見えたりする、そこでしか味わえない環境に満足していったのだそう。「平日は街で働いて休日は家にいますので、田舎と都会を行き来してバランスが取れているのかな」とのことで、私は羨ましいですねぇとお話を聞いていた。そしてこう話した。「私は去年田舎の古民家に住む計画を立てたんですが、旦那の通勤時間を考えて断念しました。結局、駅に近いちょっとのんびりしているところに引っ越ししたんですが」

(我々の住まいは海が違いです)

f:id:Nisshi:20191114153439j:plain

ここで色んなことが頭に浮かぶ。『自然の多い所で過ごす時間をもっと長くできたらなぁ。』最近また新たに幸せに関するオンラインコース(今度は講師がインド人)を受け始めたのだけれど、そこで①自分なりの幸せの定義、②その幸せを感じるためにすればいいことを整理するワークがあった。私が幸福度を自分で上げられる方法のうちの一つは、自然の多い所で陽の光を浴びることだ。天気の良い日に陽の光を浴びながら自然に囲まれていると、幸せな気分になる。

 

f:id:Nisshi:20191114154924j:plain

 『でも話を聞いていて、片道一時間半かけて通勤している人がたくさんいるのだから、田舎からの通勤もできなくもないんじゃないか?』しかし夜遅く疲れて帰って来る旦那に、それをさせるのは酷だろう。そこで気づいた。『田舎に住まなくても、私が田舎で働けばいいんでないの?!』しかも面白いことに、今週末自宅から車で一時間半くらいの田舎に行くことになっている。というのもその田舎の活性化のために、色んな人が集まってアイデア出しをする官民共同の活動に応募をして、運よく当選したのだ。その活動のために色々と調べていると、地域おこし協力隊とかふるさとワーキングホリデーなど、地域活性化のための面白そうなプログラムが結構あることを知った。茶畑のある田舎でお茶関係の仕事をしながら、お茶を通して人と交流出来たら最高。プーアルで李さんがしていたように、私のようなお茶好きの人においしいお茶を淹れながらお話しする。

f:id:Nisshi:20191114153626j:plain

実は今日、ネイルサロンに来る予定はなかった。でも今朝自分の爪を見てなんだかネイルサロンに行きたくなり、その気分に従って良かった。そうでなければ、自分が田舎に働きに行けばいいなんて多分考えなかっただろう。

次の面白そうなことは、今週末の田舎活性化プログラムだ。さてどんな面白いことが待ち受けているんだろう!