日本にいるからこそ🎐

日本人も知らない日本を知る

10/27(日)ついに丽江からシャングリラへ

いよいよ今回の旅の二つ目の目玉となる、シャングリラへ移動する。朝、少しの丽江観光を終えて、ここで丽江のガイドとはお別れした。今回は珍しくガイドとの相性がよくなかったので、ちょっと安心する。そしてシャングリラを案内してくれるガイドさんと合流した。今度はチベット人とナシ族のハーフのPeterさん。しかし彼の話す英語がどことなく、昔会社で一緒に働いていた高谷さんに似ているので、ここでは便宜上彼のことを高谷さんと呼ぶことにする。

(シャングリラに入る)

f:id:Nisshi:20191027182425j:plain

「茶馬古道の話は聞きましたか?」茶馬古道というのは、昔馬とお茶を交換するために行き来された道らしい。チベットではミルクを飲んでいたが、消化にあまりよくないとか。さらに茶は当時は薬としても扱われていたので、チベットの馬と茶が交換されていたとのこと。私が今回プーアル→丽江→シャングリラと移動しているルートは、知らない間にその茶馬古道の一部だったようだ。

f:id:Nisshi:20191027183313j:plain

ここでまず迫力満点のTiger Leaping Rockを見る。

f:id:Nisshi:20191027183456j:plain

f:id:Nisshi:20191027183526j:plain

そしてランチを取る。

f:id:Nisshi:20191027183803j:plain

さらに何なのかよく分からないお茶を頂く。麦を炒ったようなものが入っており、おいしい。

f:id:Nisshi:20191027183759j:plain

ところでこのガイドの高谷さんもお茶が好きらしく、ガイド業以外にもオーガニックのプーアル茶の商売もしているらしい。プーアルへ行ったと言ったら、シーサバンナや〇〇(地名がいつもよく分からない)の方が有名だとのことで、次に行く機会があれば私に連絡してくださいとのこと。こういう中国人との繋がりが出来ると助かる。

ここからは二時間かけて、ホテルへ向かう。その間に、時々きれいな景色の所で車を止めてくれ、写真を撮ることができた。さすが高谷さん!

f:id:Nisshi:20191027184220j:plain

f:id:Nisshi:20191027184334j:plain

うわぁ、びっくりした!ヤックがいきなり現れた。

f:id:Nisshi:20191027184415j:plain

シャングリラの中心地に到着し、記念撮影。

f:id:Nisshi:20191027184650j:plain

歩道橋に登って、壮大な景色を撮る。

f:id:Nisshi:20191027184836j:plain

遠くに臨む山が美しい。

f:id:Nisshi:20191027185100j:plain

f:id:Nisshi:20191027185212j:plain

シャングリラにはチベットの学校があり、そこでチベットの文字や文化を学ぶのだそう。「チベットの文化を失いたくないからね。でも両親の世代はチベット語の読み書きはできない」とのことで、歴史上色々と複雑だ。
さてここの標高は3,200m。3,000mを越えた時点から、軽い頭痛がし出した。インドのラダックへ行った時と同様に水分をたくさん取り、今日は動くのを控えよう。あと昼寝をしないようにとラダックでは言われたけど、あれはなぜだったんだろう。寝込んでしまって、急に低酸素になるのを防ぐためなのだろうか。とりあえず教えてもらったお勧めのチベット料理屋へ夜ご飯を食べに、明るいうちに行ってしまおう。夜は0℃を切るかもしれないというから。