日本にいるからこそ🎐

日本人も知らない日本を知る

プーアル茶の旅の準備を始める

一旦仕事を終えて、ここからはプーアル茶の旅の準備に入る。仕事にかかりっきりになったおかげで中国語の勉強がおざなりになり、私の中国語レベルは一気に半年前くらいまで戻ってしまったようだ・・・。あーあ、せっかくちょっとした会話くらいは出来るようになっていたのに。あと四日間、中国語ばっかり聞いて話すことにしよう。

まず今回行く雲南省の各地の気温を調べてみる。

***************

プーアル市:27℃/16℃

昆明:19℃/12℃

丽江:18℃/4℃

シャングリラ:13℃/-1℃

***************

プーアル市は夏で、昆明は秋。丽江は秋~冬で、シャングリラは冬。ということは、三種類の服を持って行かねばならない。とりあえず必要そうな服を家の中に並べてみる。ユニクロでもうちょっと薄くて温かい服を買い足そう。そういや宿にちゃんとヒーターとかあるんだろうな・・・なかった時のために、ホッカイロを持って行こう。ドライヤーは無いだろうから旅行用の小さいものを日本で買って、あと疲れた時のために緑茶のティーパックと一口羊羹も持参しよう。

f:id:Nisshi:20191017170237j:plain
そして写真の勘を取り戻すために、ナショナルジオグラフィックの写真家が書いた本を図書館で借りて読む。あぁ、いつも旅行前に慌てて写真の練習をするので、一向に一定のレベルから上達しないなぁ。ところでこの本によると「写真を撮ることは美を体験できる無限の機会をもたらしてくれる」とある。確かにその通りかもしれない。今回も自分が雲南で見る美しい景色を、可能かなぎり自分の目で見ているまま写真に納めて他の人にも伝えたい。

f:id:Nisshi:20191017170324j:plain

ついでに他にもこんな本を借りてみた。ちなみに私の思う中国滞在の最大の心構えは、遠慮しないことだと思います。もう大阪のおばちゃんよろしく、グイグイ行くこと。日本人であることを時に忘れる必要があること。でもこれはある種、楽とも言える。日本にいる時みたいに感情を抑え込まなくて済むし、まどろっこしく遠回しに何かを言う必要もない。

f:id:Nisshi:20191017171032j:plain

とりあえずこれくらいかな?あとはちょこちょこオカリナの練習もしますか。