日本にいるからこそ🎐

日本人も知らない日本を知る

オカリナとお茶問屋とインドとフィリピンと

色んなことがあった一日だった。まずオカリナを始めようと思い、注文していたのが来る。

f:id:Nisshi:20191005232651j:plain

次にお茶の学校の授業で、お茶問屋さんの仕事を学ぶ。詳しくは後日書くとして結論から言うと、お茶問屋さんが茶葉に火を入れたり色んな茶葉をブレンドしたりして、最終的に茶の味を作っていたんだと驚いた。単に農家さんから茶葉を仕入れて、袋詰めして売っているのではなかったのだ。ところで授業の合間に台湾人とシンガポールに住んでいた日本人(中国語がペラペラ)と私とで、2週間後に私が行こうとしている中国の丽江の話になった。「あそこの土産屋で何も買わなかったら、中国人の店員がヤクザみたいお客さんを怒鳴ってる動画見たよ!」と台湾人。台湾人も中国人が怖いらしい。するとシンガポールに住んでいた日本人が「始めにプライベートガイドにチップを渡すとか?ちゃんと守ってもらえるように。もしくはその客を怒鳴っている店員さんに、本人の動画を見せたらどうでしょう?あなたこんなに有名になってますよって」まぁ、私はそんなに中国語があまり聞き取れないので、怒鳴られていても普通に早口で話されていても、違いが分からないから没问题。

f:id:Nisshi:20191005232708j:plain

その後ふと思い立って、カフェの一日店主をしていたお山のカフェに、久々に行くことにした。カフェのお姉さんとは4カ月ぶりくらいにお会いし、何だかお店が懐かしかった。あぁ、またここで一日店主をのんびりしたなぁと思った。するとどうやら夜にここで飲み会をやるそうで(みんな寝袋持参で飲み明かす気満々)、お姉さんの友達が続々とやって来るではないか。インド人がいたので久々に英語で色々とお話しし、我々はそろそろお店を後にする。「あれ?帰っちゃうんですか?また日程が合えばお店をお願いします。冬にまた旅に出たいですし」とお姉さん。そうですね。やっぱり一カ月に一回くらい気分転換にここで、一日店主したいですね。最後に店の前で、前に一日店主をしていた時に知り合ったセラピストのお姉さんにも遭遇する。「あぁ!元気ですか?最近どうですか?」うーん。ちょっと仕事が難しいです。色々と思うことがあって。だから今日ここに来たくなったんだと思います。お茶でも飲みに来てくださいとのことで、近々またマッサージをお願いしようかなと思いながら帰路に就く。

***(カフェは写真がない)

が、なんだか近所にある電飾が激しい店が気になって行って見ると、フィリピーノがやっている飲食店だった。なんとHalo Haloが食べられるではないか。このフィリピーノは日本人と結婚して24年も日本に住んでおり、英語よりも日本語の方が流暢になったらしい。「フィリピンにいた年数よりも、日本にいる年数の方が長いからね」とのこと。1,000円で90分食べ放題のフィリピン家庭料理もあるので、今後誰かと話したくなったらここでご飯を食べながら、明るいフィリピーノとお話ししよう。

f:id:Nisshi:20191005232837j:plain

実は仕事のことで昨日からふさぎ込んでいた。でも今日はオカリナを始め、お茶のことを学び、中国繋がりの人達とお話しし、カフェのお姉さんと再会して、さらにインド人と近所のフィリピーノと出会ったことで、自分の生活を構成しているものは仕事だけではないのだと分かった。何かに悩むと、どうしてもそのことばかりに意識が行ってしまう。でもこうして無理やりそれ以外のことに意識を向けるだけで、こんなに気分が違うんだなぁと思った。それも人と話したのが良かった。自分を受け入れてくれると思える人達と話したことで、自分の自己肯定感を少し取り戻すことができたのだと思う。

私もいつかあのお山のカフェのように、誰かが疲れたら駆け込めるような場所を自然の多い所に作ってみたいものです。