日本にいるからこそ🎐

日本人も知らない日本を知る

自由人になって、失ったもの

最近、色んな研修に参加することが増えてきたのだけれど、皆さんがチームワークを高めることや部下の指導・育成、叱ることなどを一生懸命学ばれているのを見て、感じたことがあった。それは私は組織に属さずに働くことで自由を手には入れたが、チームで仕事をすることで得られる色んなことを失ったのだということ。

例えば継続的に一緒に働く仲間や上司。今は仕事の当日に一緒に働く方と初めてお会いし、仕事が終われば別れる。それに誰かの成長を継続的に見守ったり、成長のために指導したり、一緒に困難を乗り越えたり、達成を喜び合うということもない。上司に怒られた後、同期と居酒屋で酒を飲みながら暴言を吐くこともなければ、自分の頑張りを上司に認めてもらって嬉しくなることもない。プロジェクトが成功してプロジェクト仲間で打ち上げをすることもなければ、何かに協力してもらうために他部署に依頼をして、分かってもらった時の”仲間が一人増えた感”を味わうこともない。今思えば、自分の会社員時代の経験というのは、とても貴重で大切な時間だったんだなと思う。あんなに会社勤めの頃は文句を言っていたけれど、毎日行くところがあることも、一緒に働く仲間がいることも、自分の仕事がそこにあることも、叱ってくれる上司がいることも、毎月振り込まれる給料も、全部当たり前に用意されたものではなくありがたいものだったんだなと思う。

f:id:Nisshi:20190710135651j:plain

結局、人は無いものを求める。組織に属していれば自由が欲しくなるし、自由になったらなったで、組織勤めをしていた頃に持っていたものが恋しくなる。キリがないから今自分が持っているものに感謝をして、これでよしとするしかない。ところでこれを書きながら私は組織への協調性はあまりないが、色んな人と目標を一緒に達成しにかかること自体は楽しんでいたのだなと気づいた。形態はどうであれ、いつかまた色んな人と一緒に仕事をして、目標を一緒に達成できるようなことができればいいなと思う。

やっぱり社会のどこかに自分の居場所やモチベートし合える仲間は必要だと思うから。