日本にいるからこそ🎐

日本人も知らない日本を知る

自分の心をひねらないように頑張る

SNSで自分の使命みたいなものがある人を見ては『使命を感じながら、何かに一生懸命な人ってすばらしいな。あぁ、私は自分の使命なんかよく分からんな・・・。』とチーンとなる。シンガポールから日本へ帰ったら、自分がシンガポールで大変だった分、日本に住む外国人で文化の違いに悩んでいる人のサポートをしたいと思っていたのに、それもできていない。毎日ぶらぶらして写真を撮ったり(そしてShutterstockで売る)、カフェの臨時店主に向けてNasi Lemakを試作したり、こうして独り言をぶつぶつ書いたりしているだけ・・・。人生の意義って何なんだろう?などと考えたりする。この問いはシンガポールにいた頃も散々繰り返していたのだけれど、日本へ本帰国が決まった時に出た答えは『人生の意義があろうがなかろうがどうでもいいから、二度と戻らない今を精一杯楽しまないと!!』だった。ぐるぐる家の中で何かを考えている時間があったら、もっと外に出て人と知り合ったり、友達と話したり、ボボチャチャやバクテーを食べるなど、そこでしかできないことをやらないとと思った。日本に帰ったらもうできないんだから・・・。なのに、また同じことをぐるぐる考える。まだここにいる時間がたくさんあると思っているからかな。

(Nasi Lemakの試作は終わりました!)

f:id:Nisshi:20190612124930j:plain

ネットで”人生の意味”と検索したら、武井壮のラジオ番組のYoutubeを見つけて聞いてみた。すると彼はすごく素晴らしいことを、自分の経験談を通して話しておられる。これは就職活動を前にした大学生から「これから生きていく意味が見えない」と相談されて、それに答えるというコーナー。この大学生は都会で就職などせず、自然の多い所で静かに暮らしたいとのこと。社会一般的な就職→結婚→子供を持って幸せな家庭を築くということが、自分の幸せにはフィットしないと感じているそう。ただその自然の中で静かに暮らすことも、果たして自分が本当に求めている物なのかどうか確信が持てず、気持ちが揺れている状態だった。

www.youtube.com

彼曰く、世の中には色んな形の幸せがあり、正解なんか分からない。でも少なくとも自分で自分をつねれば痛いし、楽しいことがあれば楽しいと感じる。それが答えだとのこと。つねって痛いと思うのは、自分がやめてと言っているサイン。だから自分の心をつねんないでがんばんなさいよとのことで、ほぅほぅなるほどと思う。私はどんだけ自分の心をつねって来たのだろう。また生きるテーマについては、いかに楽しいな、幸せだなと思って生きられるかそうか。いかにつまらないなと思う時間を、なるべく一日から失くすか。知識や経験も技術も力も、全部何かを楽しむために手に入れているものだと思っているとのこと。私は自分が手に入れた知識や経験や力で、何を楽しめるだろう?

f:id:Nisshi:20190612125330j:plain
ふと自分の使命は『色んな所へ行って、色んなものを見て、感じたことを人に伝えることなのかな』と思う。でもどっちでもいいや。使命があろうとなかろうと。また今住んでいる場所を去ることが決まった時に、昔の自分に言うであろう「今しかできないことを、たくさんしておいて!」をしていこう。あと人と比べてチーンとなるくらいなんだったら、今後SNSを見るのはやめにしよう。