日本にいるからこそ🎐

日本人も知らない日本を知る

クレマチスの丘で頭を柔らかくする

こないだ絵画教室で出会った先生に静岡のお勧めスポットを聞くと「クレマチスの丘」がいいとのことで、さっそく行ってみることにした。自然が多そうなので、きっと写真の練習にもなる。私の写真は一向にあるレベルから上達しない(後退することもある)ので、これからこのように定期的に外に出て撮ることにした。

www.clematis-no-oka.co.jp

クレマチスの丘は沼津ICを降りて、畑に囲まれた道をどんどん上に登ったところにあった。静岡市内からは車で一時間強くらい。チケットをまず買い、イタリアンのレストランで腹ごしらえをする。

私がシラスと小松菜のパスタにがっついている横で、マダムは赤ワインとサラダを時間をかけて味わっている。あぁ、私も赤ワインを飲みたい。次は旦那を連れてくることにしよう。このパスタはレモンが香ってとても爽やかな味でした。ごちそうさまでした。

f:id:Nisshi:20190606180006j:plain

いくつかの野外彫刻を横目に、彫刻庭園美術館に入る。

f:id:Nisshi:20190606174932j:plain

館内ではミッフィー展が行われている(写真NG)。作者の作品に対する考え方と、いくつかの可愛らしいミッフィーとその仲間の絵が飾られてある。印象的だったのは、いかにシンプルに描くかに徹していたという作者のポリシーだった。複雑な絵よりも、少ない線と色で描いたシンプルな絵の方が相手に伝わるのだとか。私の写真の先生も、写真を撮る時はLess is more。人生も写真も同じだと言っていた。もう一つ印象的だったのは、映像の作品だった。風になびく葉っぱと葉っぱの間から差し込む光を撮ったものだけれど、その光が作る模様が万華鏡のように美しかった。これを見て『きれいな写真や絵だけではなく、クリエイティビティがあれば何でも作品になり得るんだなぁ』と思った。自分の頭が凝り固まってしまっていたのを認識した瞬間だった。

庭園に出ると大きな木の下にイスがあり、すごく気持ちよさそう。

f:id:Nisshi:20190606174923j:plain

庭の至る所にきれいなお花が敷き詰められている。ここから花の写真を撮る練習をする。

f:id:Nisshi:20190606175051j:plain

なんだか変わったお花です。

f:id:Nisshi:20190606175123j:plain

これはちょっとスーパーマリオの土管の中から出て来る、パックンフラワーを思い起こさせる。

f:id:Nisshi:20190606175154j:plain

うーん、ミッフィーの本にも出てきそうな可愛らしいお花。

f:id:Nisshi:20190606175204j:plain

庭にも謎の彫刻があり、自然と相まってちょっとしたラピュタ感を味わえる。それにしても今日は暑い。

f:id:Nisshi:20190606175245j:plain

f:id:Nisshi:20190606175348j:plain

睡蓮もきれいです。あたりを見回すと、色んな人がスマホや一眼レフで写真を撮りまくっていた。

f:id:Nisshi:20190606175418j:plain

なんかブーケみたいに咲いているお花。

f:id:Nisshi:20190606175509j:plain

ちょっと疲れたので、木の下にあるベンチに腰掛ける。さわさわとする風の音、緑の匂い、美しいお花に明るい日光。とても静かで気持ちがいい。その辺の芝生に敷物を引いて、お昼寝をしたいくらい。

f:id:Nisshi:20190606175413j:plain

お花を撮るのに飽きたので、そろそろ車で3分くらいのところにある別の美術館へ行く。炎天下でずっと写真を撮っていたもんだから、頭が朦朧としてきた。ちょっと富士山の美味しい水を飲んで、木陰で休憩しよう。やはりこういう時に一番おいしいのは水です。

f:id:Nisshi:20190606175548j:plain

この後、井上靖博物館へ行き、一冊の本が出来上がるまでの紹介を見たり、井上靖のインタビュー動画を見ていた。井上靖はもともと新聞記者をされていたようで、「なぜ小説家になろうと思ったのか」というインタビューアーの問いに対して「ただ小説を書きたかったから。小説家になる資格は、小説を書きたいと思うことだ」と話されていた。理由もなく打ち込める対象を見つけられるのは、とても幸運なことです。私の場合は、旅に出ることがそれにあたる。こないだここを教えてくれた絵描きさんに「どういう時に旅に出るんですか?」と聞かれたので、こう答えた。「自分の今の人生を壊したい時とか、刺激を求めている時です」

もうすぐ15時か。最後に吊り橋を半分だけ渡り、森の中の空気を味わう。

f:id:Nisshi:20190606175632j:plain

空気がおいしいし、この森はなんだか美しい(でもその美しさを撮れない・・・)。しかし疲れてきたので、そろそろ戻ることにした。ここから一人で運転をして帰らねばならないので、HPを全部使うことはできない。

f:id:Nisshi:20190606175705j:plain

f:id:Nisshi:20190606175646j:plain

今日はおいしいパスタを食べて、自然をたくさん味わい、作品や作者の考え方から色んなことを学ぶことができて大満足!これから新しいアイデアを出したいとか、物事をいつもとは違う方向から考えたいと思ったら、本を読むのではなくて美術館に来よう。本で読むよりも、実際に体験した方が理解が早いから。