日本にいるからこそ🎐

日本人も知らない日本を知る

港でビール片手にフランス人と話す

GWの半ばに旦那の釣りに付き合って、私は横で本を読んでいたのだけれど、飽きたので近くのスーパー銭湯併設のBARにビールを飲みに行った。そして運よくビール片手に英語でたわいもない話ができる、フランス人と出会うことができた。

f:id:Nisshi:20190509094532j:plain

そのフランス人はこのBARの店員さんで、流暢な日本語を話している。カウンターに座ってビールを飲みながら、彼と雑談をする。「出身はどちらですか?フランス?へぇ、13年も日本に住んでるんですか」私がアメリカとシンガポールに住んでいたと言うと、日本語から英語に切り替わる。そしてここから色々とお話しする。「GWが10連休で、旦那が毎日家にいて困ると言う奥さんをTVで見た。理解できない。なぜ夫婦一緒に居られることが嬉しいと思わないのか」と言うので、私は「きっとこのご婦人の旦那さんは家に居るだけで何もしないので、長くいられると邪魔なんだと思う」と説明すると納得していた。フランスは夫婦で家事や子育てをシェアするのは当たり前のことらしく、理解できなかった模様。じゃあフランスのご家庭では、日本のようにお父さんは空気みたいな存在にはならないのかな?今度聞いてみよう。

(港で生シラスランチ)

f:id:Nisshi:20190509094256j:plain

さらに「なんで日本人は休みに家でゆっくりせずに、細かく予定を立てて色んな所へ行って疲れて帰ってくるのか。僕だったら家でのんびり映画を見たり、夫婦で一緒に料理をしたりして過ごすよ」とのこと。ははは、休み方を知らないんですよ。常に何かしていないと、と思っちゃうんですよ。

他にも日本人女性と結婚したが考え方の相違で離婚したことや(また初対面で離婚を打ち明けられる)、フランスに帰る気はなく一生日本で暮らすつもりでいることなどを話してくれた。「日本で一生暮らすと思えることが素晴らしいと思います」私はどんなにシンガポールが好きでも、一生暮らせる気はしなかった。3年が限界だった。ちなみにアメリカは半年で「早く日本に帰りたい!!この国では暮らせん」と思った。そんな彼は現在二人目の奥様(日本人)と幸せに暮らされており、奥様は英語もフランス語も話さないので日本語でコミュニケーションを取っているらしい。「ずっと日本語を話さないといけないのは、しんどくないですか?」私がもし旦那とずっと中国語で話さないといけなかったら、すごくしんどい。「慣れたから大丈夫だよ。ただ簡単な日本語でしか話さないけどね」彼の日本語が流暢といっても、英語の方が断然流暢だった。そしていつもつるんでいるのはフランス人やアメリカ人らしく、日本人の友達は多くはなさそうだった。私も今住んでいる土地で友達と言える日本人は2人くらいしかいない。色んな人と知り合っても、このようにビール片手に色々と突っ込んで話せるレベルには中々至らない。外国人と友達になる方が簡単な気がする。

(鳥が魚を食べようとしている!)

f:id:Nisshi:20190509094355j:plain

さて、そろそろ旦那の様子を見に行くか。「お会いできてよかったです。日本だとこうして英語を話す機会もないですし」「ここに話しに来なよ!今度は旦那も連れてきて」「えぇまた来ます!」このBARはもうすぐビールを自家醸造するらしく、週末のみの営業から平日の営業も行われるとのこと。人の少ない平日の昼間にビール片手に雑談しに是非来よう!

一方旦那は「おかしいなー全然今日は当たらないなぁー」などとブツブツいいながら、収穫ゼロだった。でも釣れようが釣れまいが、別にどっちでもいいんでしょ?ただ何も考えずにボーっとできさえすれば。ということで、今日の我が家の夜ごはんはラーメンになりました。めでたし、めでたし。

f:id:Nisshi:20190509105108j:plain