日本にいるからこそ🎐

日本人も知らない日本を知る

4/28(日)日本からフィリピンへ

去年のGWに我々は東南アジアから日本へ本帰国をし、今年のGWは東南アジアへ逆戻りすることにした。今回はフィリピンのセブに5日間滞在するのだけれど、中部国際空港からマクタンセブ空港までは約4時間半と結構近く、タイやマレーシアなどへ日本から行くよりも少し楽。しかし後に私は『フィリピンには二度と来るまい』と思うことになる。

セブには本当にたくさんホテルがあり、少しお高めのいい感じのホテルは既に予約でいっぱいだった。今回我々が泊まるのは中級のこちらのホテル。空港から遠ければ遠いほどビーチはきれいそうだったが、フィリピンは渋滞がひどいと旦那がよくぼやいていたので(シンガポール在住中、月一回フィリピンに出張に行っていた)、きれいなビーチはアイランドホッピングツアーで周るとして、今回は空港に近くてビーチもある宿を選んだ。

www.cordovareef.com

全室ビラです。

f:id:Nisshi:20190503145603j:plain

窓の外は一応オーシャンビュー。

f:id:Nisshi:20190503150134j:plain

部屋は広い。しかし思っていた通りレースのカーテンしかないので、朝日と共に起こされる。アイマスクを持ってきてよかった。私は灯りが少しでもあると寝られないのです。旦那が「まずはベッドの掛け布団を引っぺがして、中に何もいないかを確認するんだよ。ベッドの下は絶対に見ないこと」とのことで、とりあえず布団の中にゴキブリなどはいなかったのでよかった。旦那はフィリピン出張時のホテルでいつもえらい目にあっていた。部屋にゴキブリが出るのはもちろんのこと、ある日はしまいにネズミと目があったらしい。フロントに部屋を変えろと文句を言ったら、スタッフが陽気に笑いながら塵取りを持ってきて激怒したのだとか。塵取りを持って来る精神が、ある意味すばらしい。

f:id:Nisshi:20190503145601j:plain

ホテルに着いたのはもう20時半近くだったと思う。ほとんど人の居ないホテルのレストランで夜ご飯を食べようとメニューを見るも、あまりローカルフードがなく、Westernのメニューが多い。こういう時私は中華を食べることにしているので私は焼きそばのようなものを、旦那はジャバラライス(?)とチキンBBQを注文した(そして失敗していた)。「いやぁ、まさか二人でフィリピンに来るとはね~」と旦那が何か感慨深そうな感じでご飯を食べていた。旦那の数々の悲惨なフィリピンでのトラブルを聞いて、私もシンガポールにいたらフィリピンには絶対に来なかったのだけれど、中華圏以外の日本から手軽に行ける海外のリゾートというのがあまりなかった。ちなみに今回のフィリピン旅行は、沖縄に同じ日数滞在するよりも安い。

さぁ、一体どんなフィリピン旅行になるのやら。