日本にいるからこそ🎐

日本人も知らない日本を知る

修善寺の温泉 ぶらり下見旅

温かくなってきたことだし、思い立って修善寺の温泉に一人旅をすることにした。そしていつもながら良かったら旦那を連れていくことになるので、下見旅ともいえる。修善寺までは自宅から車で約一時間半強と近くもなく遠すぎることもなく、ちょっとした気分転換にぴったり。今回お世話になるのは、一人旅プランのあるこちらのお宿。旅館は二名以上の所が多く、一人旅プランがあっても恐ろしく高いことが多かった。こちらのお宿はお一人様でも予約ボタンを押す時に躊躇する必要もなく、さらに一人旅の客は飲み物が一本無料(酒含む)とのことでありがたい。

www.taizanso.com

モダンなベッドの部屋もあるのだけれど、畳に寝転びたいので今回は和式を選んだ。築65年らしいが、とても清潔できれいにメンテナンスされている。それに何と言っても、この旅館の素晴らしい所は細かい気遣いだった。まず館内に入ると、お香のとてもいい香りがする。そしてフロントでアロマオイルやマニキュア、浴衣の貸し出しがあり、自分のスリッパを見分けられるようにと可愛い和風のクリップまで置いてあった。お茶も茶菓子もとてもおいしい。

f:id:Nisshi:20190409141916j:plain

夕食は18:40なので、まずひとっぷろ浴びることにした。部屋にも小さくて古めかしいレトロな風呂はついているが、やはり広々とした温泉で大の字になって湯に浸かりたいところ。温泉は小さいけれど、インテリアが工夫されていて雰囲気がいい。どうして湯に浸かっているだけで、こんなに幸せなのだろう?『私だけごめんなさい』と一瞬だけ旦那に申し訳なく思う。そしてすぐに忘れる。

待ちに待った夕食の時間になり、一本無料のドリンクは日本酒(開運)を頂くことにした。それにしても日本料理は本当に見た目が美しい。写真をあれこれ撮りまくっていたら、次の料理を持って来たスタッフに「まだ食べてないんですか??」と驚かれた(笑)。すみません、写真に夢中になっていました。この料理に加えて、お肉とご飯、味噌汁、漬物、デザートが来て、お腹がいっぱい!けれど少しの量でたくさんの種類の料理を食べられて、ちょうどいいと思う。

f:id:Nisshi:20190409142221j:plain

日本酒を飲んでおいしい料理を食べては『く~!最高!』と思うのだけれど、前の誰も座っていない席がなんだか物悲しい・・・。でもこの物悲しさもちょっと好きだったりする。次は旦那を連れて、洋式の広い部屋に泊まることにしよう。日本酒をたらふく飲み、もう一度風呂に入り、23時前には寝てしまった。

f:id:Nisshi:20190409142224j:plain

翌日はサッと周辺の観光をする。

f:id:Nisshi:20190409142259j:plain

修善寺ですね。こないだ浅間大社に参ったからか、こんがらがって二礼二拍手一礼で参ってしまった。間違ったからといって、どうか研修講師の採用が取り消されたりしませんように。

f:id:Nisshi:20190409142304j:plain

この竹林はどう写真に撮ればよかったのだろう。竹感を出せない。難しい。素敵なんだけど京都の嵐山でもっと距離の長い竹林を何度も見ているからか、これについて特にコメントはない。

f:id:Nisshi:20190409142348j:plain

公園ではまだ桜がきれいに咲いている。

f:id:Nisshi:20190409142413j:plain

このピンクと真っ赤のやつは、本当にキレイですね。

f:id:Nisshi:20190409142416j:plain

枝垂桜が開花してきている。

f:id:Nisshi:20190409142429j:plain

この橋を渡ると恋愛が成就するとかで、大学生くらいの若い女子達が動画を撮りながらはしゃいで渡っていた。夢があっていいですね。

f:id:Nisshi:20190409142521j:plain

最後に胡麻饅頭や黒米のおこげなどを売っている土産屋に入ると、なんと胡麻饅頭をまるまる一つ試食にくれ、お茶まで出してくれた。なんか申し訳ないねぇと思っていたら、中国人観光客(多分ガイドさん)が『お姉さん、この饅頭すごくおいしい。宣伝するからもう一個ちょうだい』 とあの厚かましさを発揮して、ただで二個饅頭を食べていった。こういう時、店員さんが大阪の南の方のおばちゃんだったら、どういう対応をするんだろう。機会があれば、ぜひ見てみたい。

ボーっと帰りに運転していたら、前にどでかい富士山が見えて思わず「おわあっ!!」と叫んでしまった。とにかくでかくて、いつもと見ている方向が違うので富士山の見え方が違う。いつもは雪に山の切れ目(?)が入っているが、伊豆から見ると雪の辺りがこう、さらっとしている。富士山の裾の方まで見えて、これはこれは壮大だった。運転しているので写真を撮れないのが残念。

ちなみに5/25~6/9まで修善寺では蛍が見られるらしい。その頃にまた戻ってきたい!

www.shuzenji.info