日本にいるからこそ🎐

日本人も知らない日本を知る

最高の茶室を探して ~玉露の里~

以前から「玉露の里」という看板が気になっていた。さらにいちごの世話をさせて頂いている農家の方に「お茶が好きなら、玉露の里へ行くといい」と言われたので、今日ちょっと行ってみることにした。

玉露の里までは車で自宅から約40分。ここに来るまでの景色も素敵で、山々が見える田舎道をのんびりと走って来る。畑や昔ながらの日本の家を見るとなんだかほっとする。売店や食堂のあるエリアに車をおいて、歩いて橋を渡ったところにある庭園と茶室へ向かう。

f:id:Nisshi:20190307183400j:plain

(橋からの眺め。桜が咲くとキレイそう)

f:id:Nisshi:20190307183414j:plain

日本庭園だけの見学は無料で、お茶を飲む場合は事前に売店で券を購入しておかなければならない。

f:id:Nisshi:20190307183553j:plain

茶室は池に面した所にあった。写真を撮っていると鯉がすごく寄って来る。すみませんねぇ、餌はありませんよ。

f:id:Nisshi:20190307183630j:plain

さて茶室に入るか。

f:id:Nisshi:20190307183751j:plain

きちんと着物を着たお母さんが出迎えてくれ、とても風情がある。広間に通して頂き、しばしお茶を待つ。この茶室のコンセプトは月とひょうたんとのことで、そのデザインもさながら、この物の少なさが落ち着く。

f:id:Nisshi:20190307183813j:plain

お菓子とお茶が運ばれてくる。玉露の茶器は小さいのですね。がぶがぶ飲むものではないらしく、本来はもっと量がすくないのだとか。香り豊かで、甘みがあり大変おいしい。あんこによく合う。玉露がこんなにおいしいものとは知らなかった。当たり前だけれど、香りや味の複雑さなどがペットボトルの玉露茶とは明らかに違う。ちなみにここ静岡の藤枝の玉露茶は、宇治・福岡と並ぶ日本三大産地の一つだそうです。

f:id:Nisshi:20190307183849j:plain

辺りはとても静かで、時折カラスの鳴き声がするくらい。外の景色を眺めながら、のんびりと美味しいお茶を飲んでいると落ち着く。なんだかモヤモヤっとしていたことがスーっと消えていき、心が整う。

f:id:Nisshi:20190307185650j:plain

外を少し散歩していると、桃がきれいに咲きかけていた。花の写真というのは難しい・・・。これ以上ズームがきかない。ピントが合わない。

f:id:Nisshi:20190307185530j:plain

山はすぐそこで、空気がおいしい。やっぱり時々自然の多い所に来ないといけないなぁ。

f:id:Nisshi:20190307190847j:plain

f:id:Nisshi:20190307190855j:plain

またモヤモヤっとし出したら、ここにお茶を飲みに来ようかな。次は桜がきれいそうな春にでも。