日本にいるからこそ🎐

日本人も知らない日本を知る

日本に居たら、あんたを色んなところに連れていってやりたい!

今日もNYにいる中国人女子と言語交換をしていたのだけれど、アメリカ生活が寂しいようで、色んなことを話していたら二時間経っていた。そしてそれは私がアメリカとシンガポールで居た時に感じていた孤独や、特に一番初めに暮らしたアメリカでの慣れない生活の大変さを思い起こさせた。

(これはブラジル)

f:id:Nisshi:20190208151035j:plain

かいつまんで言うと、彼女はアメリカで心許せる友達や彼氏を作るのが難しく、旧正月やバレンタインなど行事が来るたびに寂しいのだそう。異国生活での孤独は辛いですよね、お姉さんが話を聞きましょう。(彼女はまだ26歳)今まで誰とも付き合ったことがないという彼女が、結婚して熱が冷めたらどうしようなどと心配していたので、先に相手を探せとアドバイスする。それに心配しなくても、熱は冷めるものですので。「趣味とかないの?大学にサークルとかないの?」「同じ趣味を持つ人を見つけられなかった。それにアジア人とアメリカ人では文化に違いがあって・・・」彼女曰く、アメリカ人の方がダイレクトなのだそう。彼女はプライベートなことを人に話すのがあまり快くないそうで、アメリカ人はそういうのを普通に聞いてくるのが嫌なのだとか。

これは私にとっては新鮮だった。私から見ると中国人もかなりダイレクトなので、アメリカ人とうまくやっていけそうと思っていたが、彼女の場合ちょっと違うようだ。「誰かと友達になるのも、お付き合いするのもちょっと時間がかかるんです。古い機械みたいに」へぇ、そういう中国人もいるんだなぁ。私の知っている中国人や中華系シンガポール人は、すごい勢いでお互いの距離を縮めてきて驚かされた。まぁそりゃ人によるんだろうけど。日本人の友達を作ると心地よいのかもしれない。「時間をかけたらいいんじゃないの?で、自分が心を開いてもいいと思ったら、少しづつ開いて行けばいいんでないの?」「こんなんだから、ずっと独身なんです。誰も私の心の深い所には近づけないから」彼氏がいても結婚してても、きっと誰もが他の人を立ち入らせない深い部分は存在すると思いますよ。そういう意味では、私もあなたと同じです。

f:id:Nisshi:20190208150448j:plain
ひとしきり話を聞いて、アドバイスする。「せっかくアメリカにいるんだから、もっとはじけないと!!しかもまだ26歳でしょ?まだまだ若い若い!自分がやりたいと思うことをやりなさいよ!もっと楽しまないと。何?初めの一歩がいつも難しい?!そんなのはね、酒を飲みに行ったらいいのよ!」なんか昔「テキーラ飲んだらいいのよ!」とアドバイスしてきたフィリピーノを思い出す。「あぁもしあなたが日本に居たら、わたしゃ色んなところへ連れていきますよ。飲みに行ったり、競馬観に行ったり、買い物したり・・・人生の楽しみ方みたいなものを教えてあげたい!」と言うと、彼女から笑みがこぼれた。そうそう、そういう風にいつも笑っていた方がいい。

きっと彼女は真面目に今まで頑張って勉強してきたんだろうなと思う。優秀がゆえに、何かに失敗したり人に拒絶されたりするのが怖いのかもしれない。勉強は努力すれば努力した分だけ成果があるが、人との付き合いはそうはいかない。それに確かにアジアと西欧圏では文化がかなり違って、ちょっと長く居るのはしんどいかもしれない。ものすごく早い英語、ストレートな表現、物事のルーズさ・・・(これは日本以外の国ではどこも同じか)。特に待っているだけではダメで、ガンガン自分から自発的に動いて物を進めて行かないと何も進まないし。

なんだか彼女を私のシンガポール人女子の友達や、10年来の日本人の元同期に紹介したくなった(この独身の三人はすごく似ている)。それにシンガポールで西欧人にたくさん中国語を教えている中国語の先生や、私がいつも人生相談をするライフコンサルタントのシンガポール人にも会わせたいと思った。みんな彼女にあれやこれやと、各自ユニークなアドバイスをしてくれるに違いない。今のうちに色々な体験しなはれ、若者!いつでも話を聞きますよ。