日本にいるからこそ🎐

日本人も知らない日本を知る

富士山と私シリーズの撮影ポイントを探して ~田貫湖編~

富士山と私シリーズの写真を旦那に撮ってもらうために、まずは撮影ポイントを一人で探しに行く。朝は晴れていたので昼過ぎから田貫湖へ向かうと、空にはもくもくと雲が・・・。本当は空気の澄んだ早朝に行くのがいいのですが、いかんせん遠いもんで・・・。

田貫湖はとても広く、大きな山々に囲まれており辺りは大変静か。シンと静まり返るというのは、こういうことを言うのだと思う。鳥は南国みたいにぴーちく鳴かず、時折控えめに鳴くだけ。空気が澄んでいておいしく、湖の水もかなり透明度が高い。これは水面に映る逆さ富士が期待できそう。私はこの湖を見た時、すぐにここが気に入ってしまった。壮大さ、静けさ、そして寂しさ。

f:id:Nisshi:20181214184115j:plain

f:id:Nisshi:20181214184132j:plain

(なんか北海道みたい)

f:id:Nisshi:20181214184139j:plain

f:id:Nisshi:20181214184144j:plain

吐く息が白い。ここに来るまでは、途中暑くてクーラーをかけていたのが嘘のよう。寒いので先を急ぐ。とりあえず展望テラスへ向かう。

f:id:Nisshi:20181214184208j:plain

f:id:Nisshi:20181214184212j:plain

高い木々の中を進むと、左側に宿泊施設の休暇村富士がある。その二階に展望デッキがある。

f:id:Nisshi:20181214190118j:plain

宿泊施設の近くに来た時『何も見えへんがな!』と思っていたが、階段を登った時にふと後ろを振り向くと、雲に隠れながらもチラッと富士山が見えた。もしや、ここから見る富士山はかなり大きいのでは?!

f:id:Nisshi:20181214190728j:plain

ちょっと出てきた。おぉ!!思った通り、迫力満点。雲が動いて山頂が見えるまで待つ。

f:id:Nisshi:20181214191937j:plain

なんとか富士山と分かる写真を撮ることができた。やはり富士宮まで来ると、富士山はかなり大きく見える。せっかく静岡にいるんだから小さなけち臭い富士山ではなくて、でーんとした迫力のある富士山を見たい。ところでこの休暇村富士のHPを見てみると、部屋の窓からの景色が圧巻。夜は満点の星が見えて、早朝はダイアモンド富士が見られるという。朝昼夕と富士山を満喫できてもう言うことなし!値段もそんなに高くないので、これは河口湖に次いで是非泊まってみたい。

www.qkamura.or.jp

f:id:Nisshi:20181214181057j:plain

展望テラスから下に降りると、またまた富士山撮影ポイントがある。

f:id:Nisshi:20181214184434j:plain

こちらノーマル(?)富士山。

f:id:Nisshi:20181214185008j:plain

逆さ富士。あぁ、なんか白飛びしたな・・・。

f:id:Nisshi:20181214192044j:plain

逆さ富士2。

f:id:Nisshi:20181214184618j:plain

あぁ、やっぱり白飛びしたな・・・。

f:id:Nisshi:20181214192051j:plain

富士山の写真を何枚撮っても撮り足りない。それに美しくて色んな人がただぼーっと富士山に見とれていた。中国語を話している外国人カップルがいたので、写真を撮ってあげる。英語も普通に通じるので(中国人にはあまり英語は通じない)、シンガポール人?と聞くとマレーシア人だそう。中華系マレーシア人かな。「あなたの写真も撮りましょうか?」「いえいえ、私はいつでも来られますので。ではよい旅を」そろそろ16時。暗くなる前にここを出なければ。

富士山の写真を撮っている時、『普通に撮るだけやったらオリジナリティないがな』と思っていたが、帰って写真を見てみるとへんてこなものが多い・・・。自分が思っていたよりも富士山を美しく撮るのは大変難しく、またマレーシア人の写真を撮っていた時も、富士山と人を美しく映すというのはとても難しかった。さぁ、プレッシャーをかけるつもりはありませんが、富士山と私シリーズ@田貫湖で、果たして旦那は美しい写真を撮れるのか?!