日本にいるからこそ🎐

日本人も知らない日本を知る

オーガニックカフェ×静岡の日本酒利き酒会に参加

少し前に静岡の地酒の利き酒会に参加してきた。しかもおしゃれなオーガニックカフェで、洋食系の食べ物と共に日本酒を嗜むというから興味津々。もちろん日本酒にも発泡酒や果物の風味がするようなものまで色々な味があるのは知っているが、どんな料理にどんな酒が出て来るのだろうと楽しみにしていった。自宅から車で一時間弱もかけて。運転するのはもちろん酒を飲まない旦那。

お店は木をふんだんに使った温かい雰囲気で、ほっこりする。この会は6,000円/人で18時から20時半まで。少々お高く感じたのだけれど、私はめったに色んな日本酒を呑める機会がないので(一緒に酒を飲める人がまだ近くにいない涙)こぞって参加。多分20人くらいの参加者がいたと思われる。静岡の酒造一覧や今日出される日本酒リストも頂けてとても助かる。私は静岡の日本酒造をそろそろ巡って、おいしい酒を見つけ出そうとしていた。

f:id:Nisshi:20181212191258j:plain

f:id:Nisshi:20181212191411j:plain

会が始まるまで日本酒の利き酒をどうぞしてくださいとのことで、さっそく頂く。この中に一つだけ、後ほど出される日本酒にはないものが入っているという。「俺、飲めないじゃん」と旦那がぼやき、私が旦那の酒も飲む。あぁ、おいしいなぁ~でも早く何か食べたい。

f:id:Nisshi:20181212191327j:plain

しばらくすると、SAKEキリンヤ(酒屋さんのよう)の美人二代目の簡単な挨拶を皮切りに、会が始まった。まずはカシスを漬け込んだという限定果実酒(乾杯酒 志太泉 姫のみ)が運ばれてくる。これが日本酒?!うーん、おいしい!カシスの味は甘すぎず、それでいて日本酒特有のこう飲んだ後に来るモアッとしたアルコール感が一切ない。日本酒だと知らされなかったら、きっとカクテルだと思ってしまう。洋食のアペタイザーによく合う。

f:id:Nisshi:20181212182522j:plain

f:id:Nisshi:20181212182524j:plain

続いて富士正 大吟醸斗瓶採りが運ばれてくる。これは割とアルコール感の強い、ガツンとした味。酒を飲んでる感があるので、アメリカ人などが好みそうだと思います。昔アメリカ人の取引先との会食で日本酒を呑ませたが、甘口のさらっと飲める水のようなものよりも、どっしりアルコール感が感じられる辛口の酒が好きなことが多かった。私は水のようにさらっと飲めるやや甘口のものが好きでして、これはちょっと横に置いておく。酒の味が割と濃いので、繊細なかぶの煮物の味がかき消されてしまうのは気のせいか。さらに君盃 大吟醸斗瓶採りも運ばれてくる。こちらもアルコール感が少々強めなのだけれど、富士正 大吟醸斗瓶採りよりも甘みがあって私はこちらの方が好き。豚の角煮とか味の濃い料理に合いそう。

f:id:Nisshi:20181212182530j:plain

f:id:Nisshi:20181212182538j:plain

続いて発泡酒の志太泉 シダシードル。発砲度がすごい。薄味のすっきりしたお酒なので、チーズとか揚げ物をつまみながらチビチビと呑みたい。

f:id:Nisshi:20181212182542j:plain

この料理はフルーツと野菜がネタの変わった寿司。酒は英君 愛山ノ山廃で、甘口+アルコール感が私にちょうどいい。刺身を下さい。

f:id:Nisshi:20181212182551j:plain

さらに甘口なのが、若竹 おんな泣かせという酒。この名前の由来は、酒がうますぎて旦那が飲んだくれるので嫁が泣くとも言われるし、ある女がこの酒を飲んでうますぎて涙したとも言われるとのこと。確かにこのお酒はおいしい。今日一番のうまい酒かもしれない。アルコール感が控えめな甘さがちょうどいい酒。少し冷えていた方がおいしく感じる。

f:id:Nisshi:20181212182600j:plain

最後の酒は、杉錦 きんの介 29 BYというのと、30BYというの。29とか30はこの酒ができた平成の年で、熟成酒ということになる。メモを見ると、何も感想を書いていない。二人分の酒を飲んできたので、多分この辺でもう訳が分からなくなったのだと思われる。

(これは猪の肉。ショウガでかなり臭みが消えている)

f:id:Nisshi:20181212182608j:plain

(最後はデザートで)

f:id:Nisshi:20181212182613j:plain

さてここで利き酒の回答を書いて、美人二代目に出す。すると結構な正解者がいるとのこと。しかし自信満々で書いた私の回答は見事に外れ、景品の日本酒をもらい損ねた。まだまだ修行が足りぬ・・・。

f:id:Nisshi:20181212185629j:plain

最後にお土産として酒粕を持たせてくれた。美人二代目が「酒粕はお風呂に入れると温まりますし、美容にもいいです。私はエステティシャンをしていたんですが、酒粕でパックとかします」えぇ?!お姉さん、エステティシャンだったの?どうりでキレイなわけだ。深キョン似のお姉さんと記念撮影をして名刺を頂き、そろそろおいとますることにした。なんせ旦那は酒を飲めないので、酒を飲んでは「あぁ~うまい!」とか「あぁ、これはあれやな・・・」とブツブツ言う私の横で酒の香りを嗅ぐか、写真を撮るかしかできないのだ。しまいに「全然楽しくない」とぼやいていた。あ、一緒に日本酒飲みたかった?
エステティシャンから酒屋の二代目。色んな人生があるんだなぁと思いながら、車に揺られておうちへ帰る。酒はお代わり自由だったし、料理の量もちょうどよくて大満足!ここに書いた酒の感想はあくまでも私の好みですので、みなさんも機会があれば自分好みの酒を見つけて見られてはいかがでしょうか。(最後だけなんかのお勧め記事みたいになりましたね)