日本にいるからこそ🎐

日本人も知らない日本を知る

仕事百貨店「生きるように働く」のオンライン編集部に応募

色んな働き方の選択肢を知りたくて、「生きるように働く」という本を買った。これは仕事百貨店というユニークな求人サイト(というか、仕事に関するWebマガジンというか)を運営されている方が色んな仕事や働き方を紹介している本で、なかなか面白かった。自由な働き方に関する本だと、よくあるのがフリーランスや自営業でどんな仕事をしているかを紹介するもの。カフェのオーナーとかウェブデザイナーとか。ただ職種の説明と店の宣伝に終わるものが多い。しかしこの本は仕事の内容はもとより、その仕事を始めた背景や理念、今後の夢なども書かれていたりして、仕事を切り口とした色んな人の人生のエッセイを読んでいるようで面白かった。

f:id:Nisshi:20181204191108j:plain

特に私が本書の中で気に入ったのは、「快適サステナブル」という考え方。

ビジョン、自由、旅、寿司、仲間という五つの言葉があって、自分にとっては、この五つがうまくバランスできたら快楽サステナブルだし、長期最適だと思ってるの。

Source: 「生きるように働く(ナカムラケンタ著)」

サステナブル(sustainable)は持続可能なという意味で、つまりこの方にとっての快適な生活というのは、仕事は自分が持っているビジョンに沿うもので、寿司を食べるくらいの経済力を確保でき、はたまた旅に出たり、やりたいと思ったことがやれる自由があり、同志や家族といられるということらしい。これを読んで、自分の快適サステナブルは何だろうな~と考えたりする。でももしかしたら、ほぼ同じなのかもしれない。

仕事百貨店のHPを覗いてみると、求人サイトなんだけど面白い。普通の求人サイトは見ていても、8割の仕事が面白くなさそうに見えて、職種内容と給与や残業などの条件にすぐ目が行く。しかしこの仕事百貨店の求人サイトは、雇用主の写真もあったり働く上での考え方などもあるので、求人を事務的なものとしてみなさなくなる。それに特に応募しなくても、色々と眺めているだけで「へぇ~こんな仕事があるんだー」と新しい発見がある。また色んな場所の写真もあるので、旅行として行ってみたくなる。ちなみに私が惹かれたのは、里山に一年住み込みで地域の活性化のためにボランティアをするというもの。古民家などに住んで、ただ自然の中で暮らすことを楽しみたい私にもってこいなのだが・・・・。

shigoto100.com

ところで「生きるように働く」のオンライン編集部というのが募集されている。この本の写真と読んだ感想をSNSに投稿すれば誰でも編集部に応募できるというので、さっそく応募してみた。編集部の一員になることで、何を楽しめるのかわくわくする。それに個人的にはぜひ、この仕事百貨店の求人の記事を書きたいくらい。色んな人に会い話を聞き、それが伝わる文章を書いて魅力的な写真を撮る。あぁ、それも色んな旅先を開拓し、写真を撮り、旅行記を書くのと同じくらい面白そうだ。

今後の展開に期待したい!
shigoto100.com