日本にいるからこそ🎐

日本人も知らない日本を知る

12/1(土)心が疲れたら、”海坐”でリチャージ🌞

さて沖縄旅行の終わりに、今回滞在した素敵な宿のことをここに残しておきたい。もし心がちょっと疲れた・・・となったら、ぜひまたここにリセット&リチャージしに来たいと思う。

今回四泊したのだけれど、とても居心地のいい宿だった。なんかこうリラックスして、すぐ自分の家みたいに馴染めるような。(居心地の悪い宿というのは、部屋に入った瞬間に分かる)宿の上には森が下には海があり、宿もその自然の一部のように存在しているから、居心地が良かったのだと思う。

f:id:Nisshi:20181201182843j:plain

(プライベートフォレストで本を読んだり、自然を堪能したり)

f:id:Nisshi:20181201183029j:plain

(夕方はビール片手にサンセットを眺めたり)

f:id:Nisshi:20181201183058j:plain

(ハンモックに揺られたり)

f:id:Nisshi:20181201183210j:plain

(部屋の窓から見る景色も最高)

f:id:Nisshi:20181201183042j:plain

f:id:Nisshi:20181201190129j:plain

あと朝ごはんが豪華で嬉しい。景色のいいカフェテリアはいつも脱力系の音楽が流れていて、ホッとした。

f:id:Nisshi:20181128183253j:plain

f:id:Nisshi:20181128183836j:plain

外にバリ風の貸し切り露天風呂があり、一日の疲れを湯に浸かってのんびりと癒せるのも良かった。こういう時、日本の宿はいいなぁと思う。

でも何と言っても一番素晴らしかったのは、スタッフのホスピタリティだった。四日間滞在するという私の予定を色々とお気遣い頂いたり、部屋を隅に変えてもらったり(隣が二人組の客だと話し声が気になるのだ・・・)、テイクアウトの夜ご飯をカフェテリアで食べていた時に雑談に付き合ってくださったり、写真が好きな私にお勧めの写真集をわざわざ貸してくださったり。スタッフのお客さんを温かくもてなしたいという思いが、宿のそこかしこに表れていた。それは宿の清潔さや、リラックスするBGMや、さりげなく飾られていたお花や小物、そしてベッドに横になった時にちょうど天井の隙間から星空が見える造りなんかに。

f:id:Nisshi:20181201190025j:plain

ところでここは韓国のメディアに取り上げられて、韓国人のお客さんがちょこちょこ来るらしいのだけれど、このようなことをおっしゃっていたのが印象的だった。「予約していても来なかったり、チェックインは20時までなのに夜中の0時にきたり・・・。もうどう対応していいか分からなくて困りました。だから外国人のお客様の予約が入ると、いつもここに来るまでドキドキなんですよ」個人で宿を経営している方は、こういう思いで我々ゲストを迎えていたのだなと、宿側の立場に少し立てた。昨日も韓国人のお客さんが来ていたのだけれど、おかみさんは笑顔でアニョハセヨ―と迎え入れていた。

さてこの宿には別邸というのがあり、完全なる静けさが欲しい場合はこちらに泊まりたい。キッチンもついた大変素敵なお部屋で、シンプルながらもちょっとしたスイートルームという感じ(見せてもらいました)。夕方にベランダでビールを飲みながら、プライベートフォレストからよりも夕陽をもっと間近で見られる。夕飯はついていないので、刺身とか天ぷらをどこかでテイクアウトして、部屋で酒を飲みながら食べるというのもいい。

この四日間、この宿を拠点にしっかりとエネルギーチャージできました。どうもありがとうございました。次は旦那を連れて、別邸で静けさと夕陽と酒を楽しみに来ますね!

f:id:Nisshi:20181201190254j:plain