日本にいるからこそ🎐

日本人も知らない日本を知る

私の海外生活からの本帰国後 ~6カ月目~

今日でシンガポールから日本へ本帰国をして、ちょうど半年が過ぎた。前回、私の海外生活からの本帰国後シリーズ(?)で振り返ったのが、8月末の4カ月目。あの時から比べて、今の生活がどのようになっているのかをまた振り返ってみる。

①日本の新鮮さみたいなものは、一切感じなくなる

帰国後はチェーン店の牛丼にすら感動を覚えるほど、食べるもの全てがとても美味しく感じた。どれだけ自分がシンガポールで食の抑圧を受けていたかが分かる。ホーカーの訳の分からない食べ物を食べて、おいしいと思っていた自分が不憫だ。あとシンガポールでは、私も中華系シンガポール人のように冷たいものを飲んだり食べたりせず、酒もあまり飲まなかったが、これはもう日本式に戻った。冷たい物を飲むのに特に抵抗はないし、酒をガンガン飲むようになり、料理も敢えて温かいものを選ぶといったようなことはしなくなった。

f:id:Nisshi:20181030215113j:plain

②日本語を取り戻す

日本語を噛まなくなった(笑)信じられないかもしれないが、シンガポールであまり日本語(特に仕事で使っていたような種類の敬語)を使わなかったので、自分が話している日本語が変なことが結構あった。特に改まった日本語を使う時に、なんというかこうスムーズに出てこなかったり、何て言えばいいのか分からなかったりした。「~頂けますでしょうか」のような敬語は噛むことがあった。8月に学校の面接を受けたあたりで、そういうのがなくなっているのに気が付いたような気がする。

f:id:Nisshi:20181030215236j:plain

③英語がおかしくなってくる

本帰国後は毎日英語の記事を読み、英会話を週二回受けということを積極的にやっていたのだけれど、今ではその半分くらいしかしなくなった。『ちょっと喋らへんくらいで、すぐに英語力落ちひんわ』と思っていたが、多分じわじわと落ちていると思う。今でも英会話は続けているし、英語の記事を読むことはしているけれど、やはり日本にいると100%日本語しか使わないので維持が難しいようだ。

でももう忘れたら忘れたで、いいやと思う。自分の日本語の生徒さんが、もし日本語を勉強する時間がなくて忘れていったとしても、私なら多分こう言ったと思う。「忘れてもいいんですよ。また必要な時に勉強し直せば、すぐに思い出しますよ。ずっと全てを覚えていられる人なんて、いませんよ」

④就職して、無職に戻る

私には8月中旬から10月中旬くらいの記憶があまりない・・・。なぜならば、その期間学校の教員として採用され、入社前から授業の準備をし、入社後はひっくり返りそうなことがたくさんあって爆発しそうになり、早々に退職したから。

今、採用が決まる8月初旬くらいと同じ生活をしているが、心持が全く違う。まぁ、相変わらず暇は暇なんだけれど、色んな事に感謝ができるようになった。時間がたくさんあること、好きな時に好きな所へ行くことができること(自分用の小さな車が手に入ったので、動きやすくなった)、何かに絶えずストレスを感じずに済むこと等。ただ無職なので金がない。これをなんとかしないといけない。

また今回の一件のおかげで、自分が今後どんな生活を送って行きたいのか、本当は何をしたいのか、場所を問わず働き続けることができる方法は何かなどを真剣に考えるきっかけとなった気がする。こういうことをもともとこの半年間で考えるつもりだったのにしなかったので、またやり直すはめになる。

f:id:Nisshi:20181030215414j:plain

 ⑤日本が、ウチとソトでいうウチになる

8月くらいまで、海外がまだウチとソトでいうウチの状態だったけれど、今はもう完全に日本がウチになってしまった。毎日外に出て、雪がかかった富士山を見るのが日課になった。元気が欲しい時に、藤枝のゆるびく村へ行って店員さんとおしゃべりをしたり、睡蓮がきれいな池の側にあるスタバで本を読んだり、漁港で新鮮な魚を食べたりと、引っ越しして来た当時は興味のなかった土地にも自分の好きな場所を徐々に見つけて行くことができた。それに伴い、ローカルとの関りが増えていき、だんだんと今住んでいる場所が自分の居場所だと認識できるようになっていったように思う。

f:id:Nisshi:20181030215449j:plain

まだ本帰国して半年。やっと色んな事が落ち着いて、ここから今後について物をきちんと考えていけるような気がする。日本からシンガポールへ、そしてシンガポールから日本へ戻ってきて思うけれど、やはり国をまたぐ引っ越しの後は一定期間休まないといけないのだと思う。その一定期間の長さは人それぞれだけれど、私の場合は6カ月というのが最低必要な期間だった。そうしないと体調を崩したり、頭の中が整理されておらず、冷静な判断を欠いた決断をしやすかった(特に仕事の面で)。

さてシンガポール生活で手にしていたものに執着することなく、先のまだよく分からない未来のことを考えすぎもせず、今を楽しみながらぼちぼちやっていきます。今後について色々と考えようとか言っているけれど、結局行き当たりばったりで色んな事に挑戦しては失敗し、最後に残ったものだけが続くというパターンになる気がする(笑)