日本にいるからこそ🎐

日本人も知らない日本を知る

世界の吊り橋10選の一つ「夢の吊り橋」に敗れる

死ぬまでに一度は渡ってみたいと言われている、静岡は川根本町にある夢の吊り橋へ行くことにした。世界の吊り橋10選のうちの一つだそう。

今日は雲一つない快晴で、近所からは富士山が恐ろしくきれいに見えた。あまりもすごすぎて、私は携帯とカメラで写真を撮りまくる。その横をジモティと思われる青年が、富士山には目もくれず自転車で普通にスイーッと通り過ぎていく。

f:id:Nisshi:20181022143516j:plain

さて夢の吊り橋までは、静岡市内から高速を乗らずに下道でのんびり約2時間。途中で道の駅に寄って、よもぎきんつばを買ったり。

f:id:Nisshi:20181022143710j:plain

どんどん山の中に入って、くねくねする道を通りながら登ったり降りたりを繰り返す。旦那が運転に集中している間、私は窓を開けて景色や澄んだ空気を楽しむ。

f:id:Nisshi:20181022143803j:plain

車から撮った窓からの眺め。なんかインドとかブータンを思い出す。

f:id:Nisshi:20181022144426j:plain

f:id:Nisshi:20181022144448j:plain

f:id:Nisshi:20181022144458j:plain

8時半くらいに自宅を出て、10:15くらいに駐車場に着いた。車から降りると思いのほか寒い・・・。日陰は予想以上に寒かった。ここから歩いて吊り橋まで行く。

f:id:Nisshi:20181022144641j:plain

f:id:Nisshi:20181022144700j:plain

f:id:Nisshi:20181022144722j:plain

f:id:Nisshi:20181022144830j:plain

f:id:Nisshi:20181022144844j:plain

車やバイクが入れないところまで来ると、鳥の鳴き声しかせずとても静か。緑が目にもいいし、草木の香りが鼻によく、日光がとても気持ちいい。

f:id:Nisshi:20181022144946j:plain

景色がいいのでついつい止まって写真を撮ってしまうが、吊り橋はまだまだ出て来ないので先を急ぐ。早く行かないと混むらしい。

f:id:Nisshi:20181022144957j:plain

f:id:Nisshi:20181022145002j:plain

途中でトンネルもくぐります。

f:id:Nisshi:20181022145012j:plain

出てから少し歩いて下りの階段。吊り橋はもう少しのよう。

f:id:Nisshi:20181022145030j:plain

が、水の色が濁っている。コバルトブルーとは程遠いほど濁りまくっている。はー・・・そういう日もあるんですね。しょうがない。そして渡るのに渋滞している。10人づつしか渡れないらしく、しかも橋の上で写真をみんな撮ったりするので混む。

f:id:Nisshi:20181022145039j:plain

f:id:Nisshi:20181022145100j:plain

この吊り橋は結構揺れる。でも手でワイヤーのようなものを絶えず持つことができるので安心だ。それに私は割と高いところが平気なんです。

f:id:Nisshi:20181022145111j:plain

吊り橋の左側の景色。(あぁ、歩きながら撮ったから、ぶれましたね)

f:id:Nisshi:20181022145124j:plain

吊り橋を渡りきると、ここから階段を300段登らなければならない。急だったり・・・

f:id:Nisshi:20181022145402j:plain

滑りそうだったり・・・

f:id:Nisshi:20181022145232j:plain

はーしんどい。途中で休憩するところがあり「やれやれどころ」と命名されていた。(確かにこの辺でやれやれとなる)「やれやれどころ」の中国語訳が、ただの「休息処」だったのが面白かった。「やれやれ」を英語や中国語に訳すとしたらどう訳すんだろう?

f:id:Nisshi:20181022145507j:plain

階段が終わり、もと来た道を引き返す。私が早い段階で寒くなり、旦那が持ってきていたウィンドブレーカーを奪ったので、旦那は寒い寒いと言っていた。すみません、次から上着を持ってきておきます。300段の階段を登り切った後は暑いのだけれど、日陰になると結構寒く、温度調節が難しい。

f:id:Nisshi:20181022145259j:plain

売店のようなところで川根茶を買い、味噌こんにゃくを食べた。ところで静岡のお茶は産地別でも色々と種類があり、今のところ掛川茶、牧之原茶を飲んだので、特においしいと言われる川根茶を試すことにした。まぁお茶も好みなので、どれをおいしいと思うのかは個人によるけれど。

(お茶にあうせんべいも購入)

f:id:Nisshi:20181022151819j:plain

最後に紅竹食堂というお蕎麦屋さんで、昼ご飯に渓流そばを食べる。そして佃煮を掴んだら、なんとイナゴだった。「!!!」そっと全てのイナゴを旦那の蕎麦の上に移動させる。旦那はこの味付けだったら、なんでも食べられると言っている。イナゴパワー。

f:id:Nisshi:20181022145626j:plain

最後に駐車場にある図書館で、ダムカードというのをもらった。これは夢の吊り橋の写真が入ったカードで、実際に吊り橋へ行ってそこで撮った写真を見せるともらえる。しかももらうために住所と名前まで書いた。なぞだ・・・。

今回コバルトブルーの水面が見られなかったのは残念だったが、自然の多い所を歩いたり、おいしいものを食べるのは大変気持ちがよく楽しかった。こないだまで学校に勤めて、偉い目にあっていたのが嘘のよう。私はどうしてあの職にあのタイミングで就いたのか、今となっては分からない・・・。とにかく年内はこのように自分が住んでいる土地を知ること、しっかり休むこと、頭を冷やすことなどを優先して、まともになったら(?)真面目に職を考えることにしよう。きっと海外生活から日本の生活に戻るには、ある程度の移行期間みたいなものが必要なのだ。

次はコバルトブルーの水面を見るべく、また紅葉がきれいな頃にここにリベンジに来ますね。

(ちょこっとだけ見えている富士山)

f:id:Nisshi:20181022145630j:plain