日本にいるからこそ🎐

日本人も知らない日本を知る

8/12(日)日本からの脱出 上海へ

お盆休みは三泊四日で上海旅行へ行くことにした。シンガポールからの本帰国以来、3カ月ぶりの海外。本当は沖縄の離島行きなどを探していたのだが、旅行の手配が遅すぎて国内はどこも宿がいっぱいだった。高いホテルとフライトしかないものだから、中国へ行った方が安い。シンガポールでの都会生活に疲れたので上海は気が進まなかったが、結果的には最近恋しくなってきたシンガポールを思い出せてよかった。

さて上海へは静岡空港からの直行便で行く。(他にも中国は武漢、杭州行きがある)空港までは車で40分くらいで、駐車は無料。この日は15:40発の中国東方航空のフライトだったのだが、台風の影響で上海から静岡行きの飛行機が遅れに遅れ、最終的には静岡空港を出たのは21時50分くらいだったように思う。飛ぶのか飛ばないのかも夕方になるまで分からず、小さな空港でやることが何もないまま待っているのは結構しんどかった。

ところでいくつかの海外の空港について、日本と比較してオペレーションがなってないとかトロイとか昔文句を言っていたのだけれど、そういったことを今後は言うまいと今回思った。というのも静岡空港は日本の空港だが、私が昔海外の空港の文句を言ったように色々ときちんとできていない。例えばフライトが遅れているから、チェックインしないで次の案内を待つようにと言っておきながら、その便のチェックインを終了しますという自動アナウンスが流れて混乱を招いたり、我々が乗った上海行きのフライトの9.5割は中国人だったのだが、搭乗開始時間のアナウンスは中国語しかなかったり(ここ日本ですけど!)。

なんとか飛行機は上海に飛び立ち、浦東空港に到着した。持っていたUSDと日本円を両替し、タクシーに乗り込む。「我要去这里。(ここに行きたいんですけど)」「好」「要多久?(どれくらいかかりますか)」「四十五分种(45分)」タクシーは高速を珍しくややのんびり走り、中国語のちょっと古そうな音楽がかかっていた。日本時間の午前1時を回ってホテルに到着。山梨の宿坊一人旅の翌日ということもあり、さすがに疲れた・・・。今回滞在するのはShanghai Marriot Hotel City Centre。明日からのんびり上海ホテルステイ&ちょっぴり観光を楽しむか。

f:id:Nisshi:20180816200652j:plain