日本にいるからこそ🎐

日本人も知らない日本を知る

毎日一回、都会のお坊さん「Jay Shetty」のメッセージを見れば

最近お気に入りの人がいる。それはご自身をUrban monk(都会のお坊さん?)と称するJay Shettyさん。誰かがFacebookで彼のスピーチをシェアされていたので見てみると、充実した人生を送るにはどうすればいいかや、幸せになるために本当に大切なものは何かといったことを、シンプルな言葉や情熱的な言葉で伝えられていた。分かりやすいので、毎日一回見ることにしている。

www.youtube.comこういうものを見ることのメリットは、普段の自分のパターン化された思考から抜け出せることや気づきを得ること。「もし何の制約もなかったら、何をしたいか考えてみて」などと問われることがあり、暇人な私は結構一生懸命考えてみる。例えば・・・

①色んな国を旅して、その旅行記を書く

②中国に少し住んで中国語をブラッシュアップしたり、日本の文化とどう違うのかを肌で感じる

③新興国の学校で何かを教える

④幸せとは何かを知る旅をまたする

⑤心理学を学んで、人間が本質的にどういう生き物かを知りたい

⑥自分にとって、最高の日本酒を見つけたい

⑦色々な国の人と話したい(どんな生活を送っていて、何をするのが好きなのかとか、自分の知らない世界を知りたい)

⑧新興国の紅茶園からおいしい(しかしなぜか売れていない)紅茶を買い付けて、日本で売る

⑨Zenについて学ぶ?

なんかどれもやろうと思ったら、できる気がする。特に今⑨に惹かれる。

(やっぱり紅茶が好き)

f:id:Nisshi:20180805165523j:plain

あとこういうのを毎日見ていると、思考がポジティブにある程度は保たれる。私は自分の好きなことをして満たされた生活を送るということが、不可能ではないと信じている。実際自分もシンガポールでそのような生活を送ったし、私が海外で出会った日本人のみなさんは自分の生活が好きだと言っていた。でも日本にいると「そんな夢みたいなこと言って」とか「仕事は辛いものです」といったネガティブな雰囲気を色んな場面で受けるのはなぜなんだろう。そしてそういうメッセージにさらされていると『日本だと色んなことを諦めて、つまらない生活を送らなければならないのかな』と段々思ってしまう。そういう時にこれを見て「そんなことない!!」と思うことができる。

(ダイビングが好きなダイビングショップのオーナーも、仕事を楽しんでいる人のうちの一人ですね)

f:id:Nisshi:20180805172137j:plain

あと、私は「幸せとは何か」のようなテーマのものは、海外の物を見ることが多い。日本にはない価値観があったり、物をストレートに伝える英語の性質上かメッセージが響きやすく頭に残りやすい。日本の『辛いことに耐えてなんぼ』のような価値観に対し、(海外とひとくくりには言えないが)例えば私がとあるアメリカ人から聞いた『楽しくないことはやめちまいな。楽しいことをしな!』という考え方が私は好きです。どちらにもメリットとデメリットがあるけれど、楽しくないと続かない・・・。

次はJayさんの「Train your mind」の動画を見てみるか。いつも思うけれど、私にはいつどんな状況にいても『これでいいのだ』と思える思考パターンというか心構えというか、そういうのがもっといる・・・。

www.youtube.com