日本にいるからこそ🎐

日本人も知らない日本を知る

日本の着物文化を残すにはどうすればいいかを考える

シンガポールから日本へ帰ったらしたかったこと「浴衣を着て夏祭りに行く」をするため、浴衣を買いに行くことにした。ちょっと自分ではどれが似合っているのかイマイチ分からないので、アドバイザー兼支払い係のために旦那を連れて行く。

まずは色んな浴衣を試す。こちら、少々モダンなデザイン。

f:id:Nisshi:20180527180636j:plain

(うーん。思ったより似合わなかった)

f:id:Nisshi:20180527180648j:plain

こちら少々クールな感じのデザイン。

f:id:Nisshi:20180527180651j:plain

こちら白地に赤い金魚というシンプルなデザイン。「それがいいよ」と旦那が言うので、「これにします」と即決した。早割で半額セールをやっており、浴衣だけだと7,500円くらいで下駄と帯も入れて約二万弱だった。(肌着や巾着などは実家にあったはず)

f:id:Nisshi:20180527180654j:plain

浴衣で客を取り込んで着物をプロモーションしているようで、着物をなぜか着せてもらう。キャンペーン中で本部から来たというお姉さんが、電卓片手にうにゃうにゃ何かの前置きをして中々値段を言わない。日本に帰ってきて度々思うのだけれど、英語みたいに結論を始めに言ってくれ!「すみません、私は海外に住んでたのでちょっとダイレクトです。で、結局なんぼなんです?」「いくらいくら値引いて、これくらいになります」軽自動車が一台買えるくらい。着物は高いですよね~と言うと、権限がもっとある責任者が出てこられる。京都の方らしく関西弁で親近感が沸く。ただそれでも出された値段がインドに一カ月弱滞在できるくらいはする。「まずは浴衣を着れるようになりますね~」「このキャンペーン今月までなんですよ」「じゃあ、次に着物を着る機会がある時にまた値引いてください」「え?ガハハハッ!」横で同じように着物を勧められて、断れずにうにうにしている親子を横目に、我々は「どうも~」と言ってさっさと店を出る。

f:id:Nisshi:20180527180656j:plain

『私も着物を着たいし、消えゆくかもしれない日本の伝統文化を残したいという想いは店と同じなのにな・・・』と残念に思う。そしてどうすれば着物をみなもっと気軽に着て、着物の文化を廃れさせずに済むのかを考えてみる。(多分女子は結構着物とか浴衣を着て歩きたいんじゃないかなと思う)

①値段を下げて、敷居を低くする。

私はセレブや貴族じゃないので、軽自動車やインドに一カ月滞在できるくらいの値段がする時点で、購入は検討の範囲に入らない。いい布を使い日本人の職人さんが手で作っておられるだろうから、自然に高くなるのは理解できる。でも高すぎて触れる機会がないのであれば、”着物をたくさんの人に着てほしい。伝統文化を残したい。”という真の意図には沿わない。もっと大胆に何かを変えられないのか?例えば職人が外国人を教育して、外国人が作ることで人件費を抑える。ブータンもラオスもミャンマーも、どの国の伝統衣装もだいたいは作りが繊細で美しかった。全員ができるとは思わないが、日本の伝統衣装を作ることができる人材もいるのではないか。それに生地も高級で美しいものだけではなく、もっとリーズナブルでデザインがおしゃれなものを作ればいいのではないか。江戸時代に全員が高級で美しい着物を着ていたわけではないはず。

そして気軽にレンタルできるサービスをもっと増やせばいいと思う。一着を高い値段で買うよりも、色んな着物を手軽に着てみたい。私だったら一回8,000円くらいで着つけてもらえるのなら、喜んでそのサービスを使う。毎月一回くらい着物を着て、着物が似合う風情のある場所に行けたら嬉しいので、ちょっと値引いてもらって5,000円×5回のチケット制などがあるとなおよい。そうして垣根を低くして、もしもっと高級な着物が着たければ追加でお金を払ってレンタルできる。さらに自分のが欲しければ買う。のように選択肢がたくさんあればいいと思う。

②着る機会をみんなで作る

着物を着る機会があまりないので、みんなで考えてたくさん作ってみたい。私だったら着物を着て歌舞伎を見に行ったり京都の町を歩いたりと、着物が一風景として似合う場所へ出かけたい。デートはたまに着物でしてみたい。(豪快に飲み食いできなくなりますが・・・)色んな人が着物を着て色んな場所へ行き「どこそこいったよ!」とか呟いてSNSで拡散すればいいと思う。そうすれば着物の美しさにも気づきやすいし、どこで着れば楽しいのかも分かって着る機会が増える。人と同じことをするのが安心という日本人の性質も手伝って、着物を気軽に楽しむ人が増えるのではないか。

③訪日外国人にも着てもらう

私がブータンへ行った時、ツアーパッケージに伝統衣装のレンタルが含まれていた。既に旅行会社が衣装を選んでくれていて、着たければホテルやどこかで着せてもらい美しいお寺の前で記念写真を撮った。こういうサービスはいいなぁと思う。でも個人的にはまず日本人が『着物っていいなぁ』と自国の文化を今一度、大切に思うことが先なのかなと思う。

伝統をそのままの形で残していくことも大切だけれど、時代に応じて形を変えてもいいと私は思う。今残っている伝統が、全て昔と全く同じな訳ではないはず。日本人が作っていなくても、全く同じものができるんなら外国人が作っていてもいいじゃないか。(それが難しいんだろうけど)生地の質が多少低くなるか別の種類になったとしても、着物そのものをたくさんの人が楽しめるんならそれもいいんじゃないか。値段が高くて身近じゃない物を作り続けて消えていくか、形を変えたとしても今後も受け継がれていくか。他の人はどう考えるのかな。