日本にいるからこそ🎐

日本人も知らない日本を知る

死海の湯と刺身とホッケと高原ビールの日

朝から銭湯へ行く。約三年間の垢を落とそうと垢すりマッサージを頼んだが、混みあっており一番早くて14時になるという。今は10時半。そんなに長いこと湯に入ったらふやけてしまう。今回はフェイシャルマッサージにし、垢すりは後日出直すことにした。

平日の朝の銭湯は、ご高齢の方であふれていた。ここは少し小さめの銭湯だけれど、ユニークな湯が多い。

www.tokinosumika.com

健康美とかかれた湯には、色々な薬草が入っており香りがいい。死海の塩が入っているという湯は塩の濃度がかなり濃く、手を放すと体を水中に浮遊させることができて面白かった。これは体をリラックスさせるのにいいとのこと。水素の湯というのもあり、これは美肌に良いのだとか。湯に一気につかりすぎて意識が朦朧としてきたのでそろそろ出て、瓶のコーヒー牛乳を飲む。そしてフェイシャルマッサージを受けに行く。

フェイシャルマッサージの部屋は、バリの音楽がかかった素敵な空間だった。目にオイルが入りそうになりながら(でも入らないところが海外と違う)、結構豪快に顔をマッサージしてくれる。丁寧でとても気持ちが良い。横のマッサージスペースで足裏を受けているおばあちゃまがマッサージをしている人に、すごい勢いで話をしているのが耳に入る。「今どきの子は世間の常識っていうものを知らんと・・・何たらかんたら」ご婦人は電車でみな携帯ばかり見ていることや、年賀状を出さずにLINEで済ませたりすることなどについてご立腹なさっていた。シンガポールでは車内で訳の分からない中国語の音楽を大衆に向かって流し始める老人や、イヤホンをせずにYoutubeを見る中国人やインド人をよく見かけた。多分このご婦人がシンガポールに行ったら、色んな事に耐えられなくて鼻血を出すと思う。

年賀状なんかめんどくさい。新年の祝いを伝える手段が紙だろうが電子だろうが、あまり関係ない。特に日本の習慣上出さないといけないという理由だけで、年賀状を出すのであれば本質的に意味がない。LINEでもメールでもお互いに心が通っていれば、受け取った時にその気持ちは通じる。そうは言っても日本に帰ってきてしまったので、郷に入れば郷に従えで今年は紙を出すことになるんだろうけど。フェイシャルマッサージの終わりにお姉さんが言う。「まだお若いので、しわとかほうれい線の心配もありませんね」「そうですか?ありがとうございます」日本の世間一般的に35歳をお若いというのかはよく分からない。でも25歳でもしなさそうな、突飛なことをまだまだする自信はある。

接骨院のお兄さんお勧めの刺身と高原ビール(ピルス)とほっけを頼んだ。そして刺身を食べた時に『むむむ。あのお兄さんはなかなかやるな。他のお勧めの店にも行かないと』と思った。私の出身地も海に近く小さい頃からおいしい海鮮を食べ慣れているので、私は海鮮にはちょっとうるさいのだけれど、確かにここは銭湯の割に身が引き締まっておいしい刺身を出している。高原ビール(ピルス)は味に深みがあっておいしい。f:id:Nisshi:20180515163030j:plain

ほっけも脂がのって大変美味。ところで私の目の前に、外国人か大阪のおばちゃんか見分けがつかないただ物じゃない雰囲気が漂う女性が座った。すれ違った何人かのおばあちゃまが「先生、昨日はありがとうございました」と言っていた。昨日はありがとうございました?昨日も今日も銭湯に来ているということ?ここは中国整体というマッサージがあるので、もしかして中国の方かもしれない。でも大阪のおばちゃんかもしれない。分からない。

f:id:Nisshi:20180515162957j:plain

一気に酒を飲んで食い過ぎた・・・。6階のリラクゼーションルームでるろうに剣心の巴が出て来る巻を読んでいたが、横になりたくて3階のTV付リクライニングチェアスペースへ行った。6階には雑魚寝ができる畳スペースが広くあるのだが、ご高齢の方の社交場になっており若いもんが入り込める余地はなかった。しかし3階も豪快ないびきをかいて寝ておられるおじさまがおり、やむなく家に引き返すことにした。次回から耳栓の持参が必要。

銭湯に来て思ったことが2つあった。日本人は外国人に比べて、やたらと人に「すみません」と謝る頻度が高いということ。特に謝る必要がなくても、すみませんと言うようである。海外では「謝らんかい!」と思う時も謝らないか、ごめん。みたいに軽く謝られることが多かった。もう一つは、世の中は国を問わず人に話を聞いてもらいたい人で溢れているということ。銭湯のロッカールームで、おばあちゃまが掃除のお姉さんを捕まえて長いこと話していた。マッサージルームでもおばあちゃまがペラペラと世間に対する不満を並びたてていた。昨日行ったマッサージ屋でも、横の部屋でお客さんがゴム手袋で皮膚がかぶれたとマッサージの人に嘆いていた。私はそれらについてJimさんに英語で話そうと、英会話の予約を取ろうとしている。

お昼を食べてだいぶ経つのに、お腹がぐるぐるいって止まらない・・・。白湯と整腸剤をしっかり飲んで、明日に備えるか。さて明日は何を食べようかな。