日本にいるからこそ🎐

日本人も知らない日本を知る

日本茶の旅(続)

引き続き日本茶の旅を続ける。今日は茶の都ミュージアムに行くことにした。HPを見ると、今は冷茶の淹れ方講座やモロッコのミントティーを飲めるイベントが行われており、興味津々。 tea-museum.jp 駐車場に着くと、秋晴れの素晴らしい天気のもと茶畑と富士山…

日本茶の旅

今日は静岡県の栃沢にあるお茶農家さんを訪問し、お茶の生産方法を学ぶ。このように茶畑と農家さんを訪問するのは、スリランカ(ヌワラエリヤ)、インド(ダージリン)、中国(杭州)、中国(安渓)に続いて、五か所目となる。 栃沢は静岡駅付近から車で約一…

袋で家庭菜園を始めよう

前に使った後の豆苗を自宅で栽培したのがきっかけで、植物の成長を見るのが面白くなった。そしてその後我が家の植物は鋭意増加中。例えばオクラ。オクラはある朝、花が咲いたなぁと思って見ていたら、その二時間後くらいになぜか花はつぼみに戻っていた。不…

日本の生活が気に入る

新しいおうちに引っ越しして、約三か月。私は今の生活が割に気に入っている。まず近所の色んな人とのちょっとした関りが意外に楽しい。近所のクリーニング屋さんへ行って、店のおじいちゃんと長話をする。腰を痛めたらお隣の鍼灸院へ駆け込んで鍼を打っても…

何も持たない幸せを追求する

本を読んでいて、マザーテレサの「無関心の暴力」という言葉に目が留まる。これは”愛の反対は憎しみではなく無関心だ”という結論だけれど、途中のこの文章が気になった。「日本人は物質的に豊かな国だけれど、多くの人が弱い人や貧しい人に無関心です。物質…

住む場所からも自由になる

図書館をうろうろしていると、こんな本を発見。まだ読んでいないけれど、ページをめくると著者は四半期毎に一カ月ほど海外に滞在してる模様。私の理想だ。 Source: https://www.amazon.co.jp/半年だけ働く。-村上アシシ/dp/4023316466 さらに図書館帰りに近…

プーアル市でプーアル茶を飲み、桃源郷を訪れる計画

2017年にした中国茶の旅では、緑茶の産地である杭州(浙江省)で龍井茶を飲み、烏龍茶の産地である安渓(福建省)で鉄観音茶を飲んだ。当時私は日本で飲んでいた烏龍茶が好きではなかったが、中国の熱々のおいしい烏龍茶を飲んで一気に烏龍茶のファンになっ…

中国語の勉強は続く

今日はいつもと違う先生の中国語レッスンを受ける(予約が取れなかった・・・)。ところが私が「中国語は発音が難しい」と話したところから、授業はテキストを無視し完全なる雑談に突入した。「私は日本語を大学で二年勉強しましたが、あなたの中国語の方が…

Tea and Life

深圳にある中国茶屋さんのインスタをフォローしていて、いつも色んな茶の紹介や茶ができるまでのプロセスなどが見られて面白い。何よりこの方がお茶がとても好きなことが伝わってきて、見ている方も楽しい。DHLで茶葉を送ってくれるようなので注文しようとし…

お山に登ろう!~満観峰で頭のデトックス編~

さっそく昨日買った登山用の服を着て、近所の山を登ってみる。汗でぐちゃぐちゃになるので、すっぴんに日焼け止めだけ塗る。 始めは小川のせせらぎが心地よい、古民家が立ち並ぶコンクリートの道を歩きます。 早起きだったので、眠そうです。私は歩きなれな…

山の世界のハジメ

屋久島でしたトレッキングがとても気持ちよかったので、ちゃんとした山ガール的な服を買って、他の山を登ってみることにした。実は私が屋久島で着ていたのは、旦那のトレッキング用の服だった。私がもともと着る予定だったのは普通の綿パン+Tシャツ+シャツ…

もし好きな所に住んで、好きな仕事ができるなら?

屋久島で出会ったガイドさんとの会話で、印象的なことがあった。それは彼女が屋久島が好きで、他県から引っ越ししてきたという話だった。彼女はもともと他県のパン屋さんで働いていたのだそう。それが旅行で屋久島を訪れてたいそう気に入り、移住をしてガイ…

8/5(月)白谷雲水峡を7時間歩いて

台風で鹿児島-屋久島間の飛行機が欠航になる中、奇跡的に天気は曇りで予定通りトレッキングは行われる。8時にロッジの入り口に迎えに来てくれたのは、20代の女性のガイドさんだった。お互いに自己紹介をして、車で白谷雲水峡へ向かう。 屋久島のトレッキング…

8/4(日)癒しの屋久島一周ドライブ

台風が来ているとかで、晴れはこの日だけかもしれない。今日は車で島内を一周することにした。 まず屋久杉のことをちょっと知ろうと、屋久杉博物館へ行く。平たく言うと、樹齢が1000年以上のものを屋久杉と呼ぶ。それ以外は小杉と呼ぶ。 次に屋久杉ランドへ…

8/3(土)念願の屋久島へ

今年の夏は念願の屋久島へ行くことにした。実はシンガポールから日本へ本帰国した後のやりたいことリストに入っていたが、まだ未達成だったので、これでやっとStatusをDoneにできる。 時間があれば鹿児島-屋久島間をのんびりフェリーで行くのも楽しそうだが…

何をしても意味がないような気がする時

ある日自宅で仕事をして、中国語のレッスンを受けた後にふと思った。『こんなことをして、一体何になるのだろう』何をしても意味がないような気がした。時々ふと襲われるこの空虚感は、何なのだろうと思う。 自分が本心からやりたいことをやれていないと、空…

デザイナーとコーヒー屋さんとの出会い

家でずっと作業をすることが多くなり、行き詰って来た・・・。ちょっと外に出て散歩でもするか。近所をうろうろしていたら、商店街のコワーキングスペースの前にコーヒー屋さんが出ているではないか。暑いことだし、アイスコーヒーを頂くことにした。そして…

自由人になって、失ったもの

最近、色んな研修に参加することが増えてきたのだけれど、皆さんがチームワークを高めることや部下の指導・育成、叱ることなどを一生懸命学ばれているのを見て、感じたことがあった。それは私は組織に属さずに働くことで自由を手には入れたが、チームで仕事…

世界はすごく狭い?茶で繋がる偶然

今日は久々に少し晴れ間が見えたので、旦那をクレマチスの丘に連れて行き、ランチにおいしいパスタとワインを堪能する予定だった。しかし高速に乗ってからふと携帯を見ると、自分のスケジューラーに「茶の学校」と表示されているではないか。『はて?なんで…

全力でふらふらして暮らす人を見つける

ここ最近、天気が悪いせいかモヤモヤッとし『今生きている自分の世界が小さすぎる!ヒィー!!日本から出たい!!』と居てもたってもいられなくなった。自分の世界を広げられるよう、日頃やることをもっと増やそうとする。昔やっていた日本語のオンラインチ…

新しい英会話の形を探る

どうも私は同じ英会話の先生と一年以上続くと、満足度が下がるらしい。今回で一年以上続いた先生は3人目なのだけれど、授業がフリーコンバセーションゆえ慣れ合いになるのか、先生がプロフェッショナリティを欠いてくる。でももしかしたら自分も日本語を教え…

「自分に満足すれば幸せになれます」を思い出す

6月の終わりに、どうすればもっと自尊心を高められるのかを考える。というのも、ここ最近は天気が悪く、さらに引っ越しやなんやかんやで疲れて家に引きこもっていたので、いつも通り気が滅入ってしまった。私はまぐろのように常に動いていないと死ぬタイプで…

とある日本人女性とお話しして

二階の作業部屋で、リクライニングチェアに座りながら深夜特急を読み返す。そして沢木耕太郎のインドの旅の模様を読みながら、最近ある女性に言われた一言を思い出す。私が色んな国を旅したことを話すと、どの国が一番好きかと聞かれたので「行った回数だけ…

市の観光ボランティアとして地域をPR

さて新しい家に引っ越しして、約一週間が経った。前に住んでいた所は町中で、私にとっては何も興味を引くものがないエリアだった。が、引っ越ししてきたエリアは海に近く、何かと散策しがいがありそう。特に今興味津々なのはマグロのへそ?という食べ物。他…

癒しの静岡2泊3日旅行 ~関西の友人向け編~

リフレッシュ休暇を取った友達が関西から遊びに来てくれるので、仕事で疲れた友人向けに、同じ関西人目線で旅程を作ってみる。そして去年自分がここに引っ越ししてきて、気に入った場所に連れていくことにした。 <Day 1> ①まずは静岡茶でウェルカムティー …

おでんと安倍川餅をご馳走になった理由は

今朝テレビで、猫をたくさん殺して逮捕された人のインタビューを見ていた。なぜそんなことをしたのかと聞かれて、その人が「一人暮らしで誰も相手にしてくれなかった」と答えたのを聞いて、色んなことを考えた。 まずこの人は寂しかったんだなということ。そ…

また新しい生活が始まる

今朝我々はまだ一年くらいしか住んでいないお町のマンションを出て、少し町からはずれた一軒家の賃貸に引っ越しした。実は今回は『そこから引っ越しなさいよ』と誰かに言われた感じで、自然とあの住まいから出ることになった。というか、出ざるを得なかった。…

自分の心をひねらないように頑張る

SNSで自分の使命みたいなものがある人を見ては『使命を感じながら、何かに一生懸命な人ってすばらしいな。あぁ、私は自分の使命なんかよく分からんな・・・。』とチーンとなる。シンガポールから日本へ帰ったら、自分がシンガポールで大変だった分、日本に住…

The Science of well being (より幸せになるには)~社会的な繋がり~

昔会社で忙しく働いていた頃は、休日を一人で過ごしても寂しいなどと思うことはなかった。もともと一人で過ごすのが苦にならないタイプだったので、友達が少なくて寂しいと思ったこともない。しかし会社を辞めてシンガポールへ引っ越しした時、誰も知り合い…

The Science of well being (より幸せになるには)~感謝することを書く~

前に知り合った、カレーをめちゃくちゃおいしく作るおばちゃんのインスタをフォローしている。そのおばちゃんはいつもインスタに「ありがとうございます」とか「感謝です」とか「この機会を楽しもう」と書いている。写真は普通に美味しいものを食べたり、裸…