日本にいるからこそ🎐

日本人も知らない日本を知る

今度はカタールにいるインド人

中国語の上達と共に、おかしくなってきた英語をなんとかすべく、ついに定期的に英会話を受けることにした。いつも中国語の言語交換パートナー作りでお世話になっている、italkiでイギリス人の先生の授業を受けてみたけれど、どうも面白くない。私がディスカッションを楽しみたいのに対して、先生はあくまで「授業」をしたがる。私にとっては、細かな文法の誤りや、今はもう使わないビジネスの表現なんかはどうでもいい。それよりも、コーヒーやビール片手に、外国人の友達と何時間も話をした頃の流暢さを取り戻したいのだ。

「あーあ、ただで英語の言語交換できんかね」と思い、中国語の言語交換パートナーがお勧めしていた「Hello talk」というアプリを使うことにした。なんだかごちゃごちゃしたアプリで、ITに弱い私は使い方がよく分からない!とりあえず自己紹介に、「Skypeなどを使って、口語の練習ができる人求む!」と書いておく。こまごましたメッセージのやり取りは、めんどくさくて嫌いだ。

f:id:Nisshi:20200826214331p:plain

Hello talk

すると、さっそく、日本語を勉強しているインド人から連絡がきたではないか。「Hajimemashite yoroshiku onegaishimasu」という、アルファベットのやり取りがしばらく続く。このインド人はKamaさんといい、なんと南インドケララの出身とのこと!「えぇ!私はケララにアーユルベーダを受けに、3-4回行きました!!ケララ料理最高!」と、私がどれくらいケララを愛しているかを説明すると、たいそう喜んでくれた。私はケララに行きたくて行きたくてたまらず、インド人のKamaさんはいつか日本に来たいというから不思議だ。しかも、Kamaさんは9日前に日本語の勉強を始めて、私は今日からこのアプリを使いだしたのだから。

最終的にはお互いのSkype IDを交換し、今週末に第1回目の英語と日本語の言語交換を行うことになった。インドと日本の時差は4時間半だから・・・と考えていたら、Kamaさんが「6時間です。私、仕事でカタールにいますから」とのこと。うーん、みんな色んな所にいるんだねぇ。

f:id:Nisshi:20200826214714j:plain

また、ケララでアーユルベーダを受けたいもんです

自分の日本の日常に、もっと海外がたくさんあればいいなと思う。週3回、中国語を話す機会があるけれど、もっといろんな国の人と話したい。オンラインで日本語をまた教えようかとも思ったが、それだと一個人としての交流が難しい。先生が教えるのを辞めたり生徒がレッスンを取らなくなった時に、繋がりが途絶えることが多かったからだ。なので、こうして言語交換パートナーを増やしていき、一個人として末永く交流が続くことを願いながら、将来、世界のどこかで、直接会って話せる日が来ると嬉しい。

別れは突然に!あぁ、ミランダ先生!

今日もいつも通り中国語の授業を受け、「再见」と言って授業を終えた後に、なぜかまた先生からSkypeで着信があった。どうしたのかな?と思ってSkypeに出ると、先生が言った。「実は、今月で会社を退職するので、今日が最後の授業になります」えぇ!あまりに突然すぎて、ビックリ。「とても悲しいです。いつも丁寧に教えてくれて、ありがとうございました。とても感謝しています」と、私がというと、先生は「ちょっと自己都合で。あなたのような、良い生徒さんとお別れするのは、私も悲しいです。◎▼◆×※・・・!!!」先生、早口すぎて分かりません。しかし、この感動的なシーンで「分からないから、タイプしてくれ」とは言い難い。いくつかの単語から推測して、連絡を取り合いましょうと言ってくれていると勝手に理解し、プライベートの連絡先を交換することにした。先生は続けて言う。「あなたの中国語は随分上達し、中国語の感覚がだいぶ身に付いてきています。毎日頑張って勉強して、さらなる上達を目指してください」ありがとうございます。今後、会うことがあるのかどうか分からないけれど、私は最後に「また会いましょう」と言って、Skypeを切った。

f:id:Nisshi:20200206175000j:plain

Skypeを切った後、さらに悲しくなった。思い起こすと、この先生のレッスンを1年近く受けていたと思う。始めは何を言っているのか全然聞き取れなかった。そこから段々聞き取れるようになり、雑談が少しできるようになり、中国語検定試験前には、授業時間が終了してもなお、分からないところを教えてくれたりもした。そして、私が上達を感じられず、やる気を落としていた時には、上達していることを気づかせてくれた。もしこの先生がいなかったら、私は中国語の勉強を止めてしまっていたかもしれない。

そして、色々な思いが立ち込める。「こんな風に急にいなくなってしまうんだったら、毎回もっときちんと授業に望めばよかった(いつも授業の1時間前に予習していたので)」「もっと色んなことを、自由に話せればよかった」私の中国語レベルが低すぎて、いつも言いたいことをうまく伝えられなかった・・・。それと共に「先生が去る時の生徒の気持ちは、こんな風だったんだな」とも思う。辞める方は、整理が既についているが、生徒は受け止めるのにちょっと時間がかかる。何より、悲しい。私は、シンガポールで1年以上、日本語を教えた生徒さんに同じようにさよならを言ったが、生徒さんの気持ちを今日初めて本当に理解した気がする。

f:id:Nisshi:20200111135221j:plain

私に1番初めに、シンガポールで中国語を教えてくれた先生から始まり、友人のシンガポール人女子や言語交換を1年してくれたアメリカ在住の中国人女子、さらにこの先生と、日本に帰国してからも色んな人が現れては、私の中国語の上達を助けてくれた。そういえば、最近また新たな言語交換パートナーが現れたところだ。もしかして、今回辞めてしまう先生の私への役割はもう終わって、この新しい言語交換パートナーにバトンタッチされたんだろうか。何かが終わったり、始まったり、前に進まなかったりすることに、もしかしたら何か意味があるのかもしれない。

障害や壁があってもそれが自然と取り除かれ、前に進むことができる物事には、縁や重要な意味があると聞いたことがある。今までは英語を使って世界を広げてきたが、これからは中国語を使って違う世界を広げていけということか。改めて、中国語の習得に力を入れていきたいと今日思った。

ミランダ先生、ありがとうございました!

目を閉じれば、そこはビーチ🌴

海に行きたいけれど、今年は断念・・・。自宅でビーチ気分だけでも味わえないか、検証してみることにした。

まず、小さいプールとパラソルが付いた椅子を準備します。プールは暑くなったら水に浸かれればいいので、子供用を注文(私はそもそも海へ行っても泳がずに、ビールを飲んで寝ているのだ)。椅子は確かホームセンターで千円くらいで、パラソルが別売りで750円くらいだったと思う。

なぜ、こんな狭いところでプールに入っているんだ?と思われることでしょう。なぜなら、うちには庭がないからです。でも大丈夫。

f:id:Nisshi:20200821172254j:plain

お隣さんと隣接したこんな狭いスペースでも、プールを設置できます。しかも、洗濯物があるので、道行く人からも見えません。

f:id:Nisshi:20200821171558j:plain

Youtubeで波の音楽をかけながら目を閉じると、そこはまさにビーチ。生ぬるい風に吹かれながらザザーッという音だけを聞くと、潮の香こそしないが、ビーチで目を閉じているのと変わらない。そして、今まで行ったビーチをありありと思い出すことができる。

タイとか

f:id:Nisshi:20200821172944j:plain

マレーシアとか

f:id:Nisshi:20200821173043j:plain

ニューカレドニアとか

f:id:Nisshi:20200821173410j:plain

南インドとか

f:id:Nisshi:20200821173641j:plain

さらに、本を読みながら酒を飲みたいので、旦那にカクテル作りを習得してもらうことにした。レシピはサントリーのHPに色々と載っていて、意外と簡単なよう。今回チャレンジしたのは、ジントニック、ピニャコラーダ、ギムレット。シェイカーがないので水筒でシェイクし、ショートのカクテルグラスがないので、小さいガラスの湯飲みにギムレットは注がれました。う、うーん。次からシェイカーときちんとしたグラスでいただきたいもんです。他にも、マティーニとコスモポリタンをリクエスト中。

f:id:Nisshi:20200821174448j:plain

その後、シェイカーなどの器具一式を購入

f:id:Nisshi:20200821174850j:plain

ジントニックを片手に、読書

イメージできるものは、実現できる!次は、どんなことをおうちで楽しもうかな♪

あなどるなかれ!ガレージBBQの楽しさ!

ちょっと気分を変えて、今日は夕飯を外で食べることにした。車庫に置いてある車を少しどかしてスペースを作り、BBQをする。バーベキューセットは、ホームセンターで急遽調達。しかし、トングやらテーブルなどが足らないことに、肉を焼きながら気づく・・・。

我々の車庫は8畳くらいですが、簡易BBQをするには十分なスペースです。準備を旦那に全部任せて、私は肉が焼けるのを待つ。日が暮れていく空をのんびりを見上げながら、私はTiger beerを飲む。

f:id:Nisshi:20200810185818j:plain

暗くなってきたので、ランタンの明かりをともす。そして、レゲエの音楽を静かにかける。夜は風が出て涼しく、星が少しだけ見えた。肉はスーパーで買った安いものだが、なぜかとってもおいしく、とっても楽しい。場所を変えて、普段していることをするだけで、こんなにも気分が変わるなんて不思議だ。これから毎週、車庫ごはん会(?)を開催したいくらい。

暗くなってよく見えないからか、旦那が肉をひとかけら地面に落とした。すると次の瞬間、その肉を網の上に戻したではないか。おいおい、下はフローリングじゃないんだぞ(フローリングだったとしても嫌だ)。砂とかついてるだろうが。その肉は、お宅が食べなさいよ。さらに、炭をちょっと動かすのにトングがないからといって、その辺に転がっていた砂付きのスコップでやるのは止めてください。焼いている肉とか野菜に砂が付いたらどうするんだ。

f:id:Nisshi:20200810185826j:plain

といったことを、私はビールを飲みながらウダウダ言っていた。あぁ、なんだか幸せ。

f:id:Nisshi:20200810185841j:plain

BBQをしなくてもベランダや庭で、家で作ったご飯をキャンドルの明かりをもとに食べるだけでも、ちょっとした非日常を味わえると思います。

次は、自宅でビーチにいる気分をどのようにして味わえるかを研究中(笑)。小さなプールを買わないとね。

また中国語の言語交換パートナー現る!

私はitalkiの回しもんではありませんが、もし無料で中国語と日本語で言語交換をしたいなら、italkiに登録するのがお勧めです。なぜなら結構な頻度で、中華圏の方から言語交換のリクエストを受けるから。私はこの数カ月で、6件くらいのリクエストを受けたと思う。ただ、難しいのは、長続きさせることなのだけれど・・・。

2カ月くらい前まで、北海道に住んでいる中国人と週1回、1時間くらいの言語交換をしていたが、フェードアウトしてしまった。私の中国語レベルが低すぎて会話にならなかったのと、ジェネレーションギャップあり、会話に個人的な興味を持つのが難しかったのが原因。その後は、同様の言語交換のリクエストを受けても、お断りしていた。「週2回、中国語のレッスンを受けているしね」と思って。しかし、それはとても甘い考えだったと、今日思い知ることになる。

f:id:Nisshi:20200808184101j:plain

今日、珍しく、言語交換をしたいという、東京住まいの中国人とSkypeで話してみた。そして気づいた。「あぁ、これが本当の中国語なんだな」話すのがとにかく早い。流れるように話すとはこのことだ。英語と同じく、単語と単語がくっついて発音されるので、単語が認識できない。中国語の先生は、私が理解できるよう、ゆっくりはっきり話してくれていたのだ。それを「聞き取れるようになった!」と喜んでいたとは・・・。ただ、相手が話していることがなんとなくは聞き取れ、自分が言いたいことも何とか伝えることができるようになったので、以前のように中国語で会話が成り立たないということはなかった。

それに今回は、お互いの年齢が近く、共通点がいくつかあったのもよかった。例えば、彼は、龍井茶の産地がある浙江省の出身とのことで、「あー!私そこに行きました!」と盛り上がった。さらに、茶屋を営業していると話すと「僕は、台湾ミルクティの店を経営したことがあると」とのこと(今度、売上を上げるアイデアを聞こう)。そして、彼は今、大学院で地方活性化やまちづくりの勉強をしているそうで、将来はその分野で日本で事業をしたいのだそう。私が今、茶屋をしている図書館も、まちづくりの一環として作られたものであり、なんだかお互いに関心を持っているものが似ていて不思議だった。

f:id:Nisshi:20200808122347j:plain

半分を中国語で半分を日本語で話し、1時間はすぐに過ぎた。「週1回か2回、こうして話しませんか?」とのことで、まずは週1回、定期的に言語交換をすることに。週2回も言語交換をしたら私は週に4回も中国語を話すことになり、ますます英語を忘れることだろう。

今日、言語交換を続かせるために、必要な要素がもう1つ分かった。それは、相手に興味を持てるかどうかも重要だということ。そもそも「この人と話してみたい」と思えないと、無理に会話を続けることになり楽しくないのだ。

今回の言語交換が、楽しく無理なく続くことを願っています・・・。

非日常を作るには、やっぱり射撃かな

一日の終わりに「今日は10点満点中何点だったか」「+1点にするには、どうすればいいか」を考えているのだけれど、8点以上をつけるのが難しい。主観でしかないが、8点を付けようと思うと、私の場合は以下の要素がさらに必要になる。

  • 人間と話す(何せ、自宅でひとりで作業をしているので)
  • 自然に触れる
  • 非日常的な体験をする

中でも、圧倒的に足りないのが「非日常」だ。旅行にもいけないし、住んでいる場所も感染者が増えてきたので、うかうか外もぶらつけない。非日常を何とか作ろうと、ネットで検索していたら「射撃」が目に留まった。あぁ、やっぱり射撃か。もう1度、銃の所持免許を取るか。

(非日常の代表格「スキューバダイビング」。写真を撮っているのは私です)

f:id:Nisshi:20200807221054j:plain

実は、私は、日本でライフル銃の所持許可を取ったことがある。当時、ライフル射撃をしたかったのだけれど、結局やらずじまいだった。射撃をするには銃の購入はもちろんのこと、保管用の金庫やら、弾やら、色んな物の購入が必要で金がかかる。それに、射撃場は通常山奥にあるので、車が必要だ。ライフル銃を持ったまま、電車やバスに乗ることはできない。入社1年目だったので金と車がなくて、ウニウニしているうちに、私のライフル銃所持許可は期限が切れてしまった。

f:id:Nisshi:20200807221621j:plain

その後、アメリカに住むことがあったので、許可など取らずに射撃をすることができた。私が通っていた射撃場はある学校の体育館に併設されていて、使用する銃は、ピストルかライフルかを選べる。ピストルは思っていたよりも重くて、腕が疲れた。ライフルは肩に銃をのせて固定することができるので、安定感があった。私はライフルを選んで、銃は練習の度に貸してもらっていた(弾代だけ払えるんです)。点数が付いた動かない的を撃つのだけれど、私は肩が広いせいか、いつも割といい点数を採った。異国で、知らない兄ちゃんやらおっさんに交じって、射撃をするのは非日常の中の非日常だったと思う。あの射撃場は、まだあるのだろうか。

今なら車と時間が有り余るほどある(問題は金だ)。射撃はひとりでできるので、密にならない。山奥の静かなところで行うので、気持ちがいい。場所も、することも、非日常でありながら、許可を取得して必要な物を揃えさえすれば、気軽にできるところが素晴らしい。

涼しくなる秋を目安に、射撃を始めようかな。

己書で初心者Tシャツを作る

旦那がやっとサックスを注文し、私も到着を心待ちにする日々(今日あたりに届くらしい)。音が大きいので、恐らく自宅での練習は難しそう。「私がオカリナを練習した、海辺で練習すればいいやん」というと「じゃあ、初心者Tシャツ作ってよ」とのことで、さっそく作ってみた。

まず、初心者という文字や初心者マークをたくさん書く。気に入ったものを、自宅のプリンターでスキャンし、jpegにする。

f:id:Nisshi:20200805152951j:plain

そして、お茶Tシャツを作ったときのように、suzuriのウェブサイトでTシャツにデザインをのせてみる。

こちら前。マジックで雑に塗った色が、いかにも手作りっぽくて味がある(ことにしておこう)。

f:id:Nisshi:20200805152940p:plain

こちら、裏。私だったら、初心者マークも文字も小さめにしたいが、男子はドドーンと、でっかく表示したいらしい。

f:id:Nisshi:20200805152944p:plain

今、suzuriは¥1000引きキャンペーン中なので、このTシャツは1枚¥2,770(税抜き)。高いのか安いのか、よく分からない。でも、自分で何かをデザインするのは結構楽しいもんです。

初心者くん / アジアのお茶BAR ( Mayo_o )のフルグラフィックTシャツ通販 ∞ SUZURI(スズリ)

これを着た旦那が、海辺でサックスを練習するのを見るのが楽しみだ。サックスもTシャツも、早く来ないかな♪