日本にいるからこそ🎐

日本人も知らない日本を知る

フリーエージェントになる決意をする

カフェの一日は薪ストーブに火をつけることから始まる。そしてこれが一日の仕事の中で最も難しい。始めに薄めの木と新聞を入れて、火をつける。次に少し大きめの木を入れる。火が安定してきたら、大きな木を入れる。その後はこの大きな木を切らさないように入れて、部屋を常に暖かくしなければならない。この大きな木を入れるまでが結構難しく、せっかく火がついてもすぐに消えてしまったりする。この物件のオーナー曰く、火を30分くらいかけて育てなければならないらしい。ところでこのカフェにはエアコンがないので、薪ストーブに火をうまくつけらないと恐ろしく寒く、お客様にとっては拷問に近くなる。なので毎日薪ストーブに火がちゃんと着くかハラハラするのだ。

f:id:Nisshi:20190115214332j:plain

f:id:Nisshi:20190115214335j:plain

f:id:Nisshi:20190115214342j:plain

f:id:Nisshi:20190115214817j:plain

カフェの運営はとても平和だった。森の中にあるので冬場は寒く、人がまばら。ある日はお茶好きの人や常連さんがちらほらときてくれて、ある日はどっとお客さんが同じタイミングで来ることもあった(どうしてお客さんはこう重なるのだろう)。またある日は全く誰も来ない日もあった。お客さんが来なければ私は居心地のいいカフェを独り占めして、薪ストーブの前で”人生は意外とすてき”という本を読んだり、一日に二回Facebookで投稿しているお店の宣伝用の写真を撮ったりしていた。いい感じの写真を撮るいい練習になる。なんせ時間はたくさんあるから。

f:id:Nisshi:20190115214428j:plain

f:id:Nisshi:20190115214431j:plain

f:id:Nisshi:20190115215050j:plain
そして平日仕事で忙しい旦那が、なぜか週末カフェを手伝いに来てくれる。薪ストーブに火をつけたり(しかしある日うまくつけられなくて、いじけてしまった)、植木に水をやったり、外の枯れ葉や枝を掃除したり。お客さんが来ると店内まで誘導し、私が茶を出すまで世間話をして間を持たせてくれたりした。旦那は始めはエプロンがなかったので、「まき係」というネームプレートを服に貼って店員であることがわかるようにしていたのだけれど、しまいにエプロンを買ってきた。本人曰く、楽しいのだそう。多分会社で働いているよりも、活き活きしていると思われる。

f:id:Nisshi:20190115215128j:plain

f:id:Nisshi:20190115215135j:plain

(たまに旦那もいち顧客になる)
f:id:Nisshi:20190115214910j:plain

閉店後、自宅までの帰り道に旦那の運転する車の中でふと思った。『多分もう会社勤めをしても適用できないだろうな。シンガポールにいた時みたいに、何か自分でするか』元々、自分で綿密に考えてプランを練り、自分で判断し(自分で決めたくないという人が多いのはなぜなんだろう)、色んなことを動かしながら効率よく自由に進めるのが好きだった。自分一人ならうまくできることが、組織に属すことで非効率になったり人の判断を仰がなければならないことが、もはや我慢ならない(笑)。日本ではそれなりの会社に約10年勤め社会人の基礎をきちんと築いたし、短期間ではあったもののシンガポールでとあるベンチャー企業で、組織を作ったり会社を管理する経験もした。その後どこの組織にも属さずにオンラインの日本語教師やWebライターをしながら、シンガポールのローカル学校で非常勤の日本語教師として教壇にも立った。今回のカフェの運営をきっかけに、”もう誰かの下で働くのではなく一人で全ての責任を負って、自由な発想のもと仕事を表現してみろ”と言われている気がした。

こないだ読んだ「フリーエージェント社会の到来(ダニエル・ピンク著)」という本によると、この本が出版された2001年の時点で、アメリカでは4人に一人がフリーエージェント(フリーランスのようなもの)だそう。今回カフェを一時的に運営してみて飲食店をする気にはならなかったが、自分で商売をすることの垣根が低くなった(なんだって始めるのは簡単で、維持・発展が難しい)。私もこの本に出て来るようなフリーエージェントという形態で、自分の好きなこと×得意なこと×人の役に立てることをやっていくことにするか。というか、もうそれしか残されていない・・・。そしてそういう私の選択が、多様な働き方の一例として誰かの参考になればいいなとも思う。

f:id:Nisshi:20190115220439j:plain

 

カフェで広がる自分の世界

カフェを始めたことで自分の世界も少し広くなり、色んなアイデアが浮かんでくる。例えば「カフェの一日店主体験サービス」。今回私がしているように、ちょっと自分でカフェをやってみたいという人は意外といるようなので、既にOpenしているカフェを一日間借りして(ただし定休日などに)、本物の店主フォローのもと一日店主ができるというサービスがあればいいのではないか。仮店主は一日店主体験料(いくらくらいがいいかなぁ)を本物の店主に払い、自分の商品の売り上げは自分の物とする。売り上げることを目標にするのではなくて、自分で商いをするというのはどういうことなのかを学ぶいい機会になる。今回私はカフェを一人でやってみて、色んな学びがある。何を出すのか、いくらにするのか、メニュー表やちらしのデザイン、その他宣伝はどうするか。カフェのテーブル&イスの配置、横の人との間隔、音楽、照明、置く本と見せ方、レジの打ち方、心地よい接客とは・・・等。カフェをいきなり開く前に、そういう勉強が少しでも実地でできるのはとても役に立つと思う。

(本物の店主の居ない間に、読書しやすいように勝手に模様替えしちゃいましたよ)

f:id:Nisshi:20190111202953j:plain

次に「ゆる朝活 英会話カフェ」。英語を勉強したい人や使う機会のない人は結構いるので、日曜日の朝10時くらいからOne drinkで英語だけで話すという会をすればいいのではないか。私は英語がパーだった時に「英会話晩餐」というのを会社の寮の仲間としていた。誰かの部屋で晩御飯を持ち寄って、英語だけで何かを話す。あの時、私以外はみなTOEIC 800点近いか、それ以上だった。(私は500点)私はみんなのように流暢には話せなかったが、楽しかったのを思い出す。個々人の英語のレベルがまちまちだと進行が難しいのだけれど、なんかおもしろそう。あとは私語厳禁のブックカフェとか、そこで月一回読書会とか。単に私がなかなか本当に静かに読書ができるカフェを見つけられないだけなんですがね(スタバはおしゃべりでやかましいし)。私語厳禁のブックカフェが東京にあるみたいだけれど、私の住んでいる場所にはない。今私がカフェをやっている一帯はとても静かなので、ブックカフェにもってこいだと思う。

f:id:Nisshi:20190111203236j:plain

他には「あなたのお店、SNSで宣伝します」みたいなサービス。今、一日二回Facebookでアジアのお茶に関することやお店のことを写真付きでアップしているのだけれど、これが結構難しい。まず目を引く写真を「あーでもないこーでもない」とやりながら撮っているし、添える文章も単なるカフェや飲み物の宣伝じゃなく、珍しいお茶の紹介や私が出している茶にまつわるお話、そのカフェで過ごすことの心地よさが伝わるような内容を練っている(つもり)。私が今ひー!!となっているように、他のお店もこういうものに苦戦しているかもしれない・・・。それを代わりにうまくやります。というサービスがあればいいのかも?

f:id:Nisshi:20190111203028j:plain

ところで何人かのお客さんに「どこかでカフェやったり、色んな場所でお店を出してるんですか?」と聞かれたのですが、全くやったことありません。前にやった日本語教師とかWebライターもそうだったけれど、面白そうと思ったら経験もないのにある日突然やり出すんです、私。なんていうか、やりながらなんとかしていくみたいな(笑)だからね、みなさんもちょっとやってみたいなと思うものがあれば、いきなりやっちゃえばいいですよ。私でもできてるんだから、なんとかなります。それに失敗したって、死ぬわけじゃないしね。失敗も含めて、すごくいい経験になると思います。

英語で日本の日常のブログを書く

シンガポールにいた頃、ブログにシンガポールの日常を日本語で日本人向けに書いていた。なので、日本に帰ってからは全くその逆をしてみたかった。日本の日常を英語で海外に向けて書く。日本を旅しまくったシンガポール人や日本語を教えていた生徒さんと話していた時に、ベタな観光よりも日本人がどのような生活を送っているのか、我々の普通の日常に興味を持っていることを知った。だから自分がそういう情報を発信できればいいなと思う。それに私も違う国で暮らす自分と同じくらいの年齢の人が、どんな生活をしているのかを覗いてみたい!でもまだそういうブログは見つけられていない。

f:id:Nisshi:20190109200446j:plain

既に日本語で書いたブログをコツコツ英訳していたのだけれど、これが結構難しい。日本語と英語は言語の性質が違うので、訳すとなると時間がかかる。それに既に終わったことを翻訳する作業はつまらないので、新しい記事を英語でそのまま書き始めることにした。いつも話している英会話の先生に記事を読んでもらう。「写真が多くていい。うまく撮れているし。字の量もちょうどいいよ。あまり字が多すぎると、読まない人も多いからね。それに英語が簡単な表現で読みやすい」英語は母語ではないので、簡単な表現でしか書くことができない。それが逆に読みやすくていいという。「写真が多いから、フォトグラフィーブログだね。僕は日本のユニークな食文化に興味があるよ。僕もブログをはじめようと思っているんだ」「そうなんですか?始めたら教えてください!フィリピンの食べ物とか文化にも興味あります。あの食べ物なんだっけ、Adoboとか」「その話題は次に取っておこう!もう時間がきちゃったから」

(Adoboはこれです)

f:id:Nisshi:20190109200740j:plain

さっそく去年食べたユニークで、おいしかった日本食に関する記事を英語で書く。ブログのリンクを日本の日常を発信しているインスタに貼る。これを見た人が日本に興味をもってくれたり、新たな海外との交流に繋がれば嬉しいなぁと思う。(これからこの日本語のブログはどうしていこうかねぇ・・・)

期間限定のカフェ「アジアのお茶BAR」をOpenする

年末年始をシンガポールで過ごし、友達と会えるだけ会い(時間が足らなかった・・・)、中医学クリニックへ行き、食べたいものを食べまくった。そして旦那のエビ釣りにも付き合ってあげた。結果は散々でしたが・・・。ある日Outramのバクテー屋でバクテーをたらふく食べ、お気に入りの甘茶を買って帰ることに。店員さんに中国語で値段を聞いたのだけれど、65という数字だけが聞き取れてそれが値段なのか容量(g)なのか分からない・・・。とりあえず買うことの意思表示をし、伝票を見たら値段だった。しかも一箱に50Tバックも入っているではないか・・・。多すぎる!!この大量の茶をどうやって消費しようか考えていた時に「あ!あの期間限定のカフェでこの茶を出せばいいんじゃないか?他にも自分が今まで旅して飲んで、おいしいと思ったアジアのお茶達(セイロンティーや中国茶など)も併せて出せばいいや」と思いつき、カフェの名前を一時的に「アジアのお茶BAR」にすることにした。

f:id:Nisshi:20190109190504j:plain

f:id:Nisshi:20190109190512j:plain

(バクテーを二杯食べた)

f:id:Nisshi:20190109190515j:plain

f:id:Nisshi:20190109190520j:plain

店主から一通りのオペレーションを教わり、さっそく店主のお友達数人がお茶を飲んでくれた。みなさん珍しい小月甘茶が気になるようで、おいしいといってくれとても嬉しい!月曜日にプレOpenし、火・水は定休日にしたので(車で一時間かかるので毎日通えない)明日からまたOpen。

f:id:Nisshi:20190109190825j:plain

今回このカフェを始めるにあたって、既に色んな学びがあった。まず色んな本が独立したい人に向けて「自分の好きなことをしなさい」と書いているのだけれど、これは正しいと思う。それも思わぬ自分の「好き」が商売に繋がることを知った。私は茶が好きなので、この自分が飲んでおいしいと思った茶を他の人にもおいしく飲んでもらいたい!という熱意と共に仕事ができる。それに自分がインドや中国で飲んだ本物の味を再現できるよう、家で何回何回も茶を入れまくった。適切な茶葉や湯の量、湯の温度、湯を冷ます時間などを変えて、茶を入れては飲み入れては飲みを繰り返した。こういうことは、好きでないと多分苦痛だろう。

そして品質を妥協をしてはならないということ。おいしいものを食べてもらいたい!と思って商売を始めたはずなのに、やっているうちにコストや効率性などに意識が行き過ぎて、お客さんが目に入らなくなっていくと結局うまくいかなくなる。私の地元のある有名なラーメンはとても流行っていたのに、客が飲んだスープに麺を替え玉して、新しい客にラーメンを出しているという事件が昔起きたのを思い出す。儲かっていたはずなのに。人間のエゴ。

最後に「うまくいくかいかないかは、全て自分次第」という面白さだった。ここでは仕事の進め方がなってない上司に振り回されたり、形だけの無駄な会議もない。お客さんにおいしい茶を飲んでもらうこと以外の業務は何もなく、全てが自分のペースと責任で執り行えるところが気持ちがいい。もちろん、それと引き換えに色んな難しさはあるだろうけど。(それはこれから学ぶでしょう)そういえば、シンガポールで日本語を教えていた時も同じことを感じていたなぁ。やはり『自分で何かせよ』というお達しなのだろうか・・・。

ところで、このアジアのお茶BARのキャッチコピーは「あなたの世界を少しだけ広くする」。色んな人がお茶を飲んで海外に思いを馳せたり、お茶から別の新たな興味を持ったりして、世界が少しでも広がればいいなと思います^^

12/30(日)日本からシンガポールへ

あれだけ暑い冬は嫌だ!と言っておきながら、日本に帰って来たら帰ってきたで、暑い冬のシンガポールが恋しくなるのだから不思議。人間はつくづくないものを求める生き物だと思う。

我々は新年をシンガポールで迎えることにした。シンガポールにいた間、新年をシンガポールで迎えたのは一回だけで、マリーナベイのカウントダウンに行ったこともなかった(込むのが嫌だった)。それに暑い中での年越しなんて正月らしくないからということで、年末はいつもシンガポールの外に出ていた。2017年はネパール、2018年は南インド。にも関わらず、2019年はシンガポールに住んでいれば、たやすく見れたはずのマリーナベイのカウントダウンをわざわざ日本から見に行くとは・・・。

(多分ライトアップイベントとか、何かしやっているでしょう)

f:id:Nisshi:20181230115215j:plain

今年4月30日にシンガポールを出て、今日でちょうど7カ月。自分が生活していた場所へ今行くとどんな風に思うのだろう。日本での生活がまだ確立できていない私は、またシンガポールへ戻りたい!と思うのだろうか。それとも、やっぱりもう十分だなと思えるのか。何よりシンガポールにいる友達とまた会って、直接話せることが嬉しい。シンガポール生活の記憶が薄れていく中で、今後もできれば年一回はこうしてシンガポールへ戻り、みんなと一年分のキャッチアップをできればいいなあ。そしてシンガポールで生活していた時に自分が感じた色んなことを忘れないように、その土地の空気に触れ、自分が異国で暮らしていた時の感覚をずっと持ち続けられればいいのにと思う。さらに自分が昔していたような、色んな国を飛び回るような仕事にまた就けることを願う。

f:id:Nisshi:20181230115103j:plain

今回は予算の関係で、フライトはまたしも中国経由。中国で中国語を復習し、シンガポールでは中国語の先生と中国語でどれだけ話せるようになっているか試すのが楽しみ(多分、瞬殺されますが・・・)。

最後に年末の短い休みに、シンガポールでの滞在を提案してくれた仏のような旦那に厚く御礼申し上げます・・・。さぁ、一年分のバクテーを食べますよ!

f:id:Nisshi:20181230114859j:plain

自分の内側を知る旅をした2018年

今年も残すところあと三日。簡単な大掃除を済ませて、今年を振り返ってみる。毎度のことだけれど、2018年も色んな事があったなぁ。シンガポール生活の終わりと、意図しない新天地での日本の生活の再開。接骨院のお兄さんとの出会い、日本に対するちょっとした逆カルチャーショック。なぜか一瞬だけ勤めた学校(あれは一体なんだったのだろう)とパンダ先生との出会い。静岡のあちらこちらの散策と、行きつけのチャイ屋さんのお姉さんや人生のメンターとも言えるおじさまとの出会い。日本酒や日本茶の海外営業職の機会をうかがいつつも、年明けからの期間限定のカフェの運営・・・。私の人生はまた予想の付かない方向へ導かれるままに流れている。でも私は思うのだけれど、いつもおもしろいと思うことは自分の想定外のところにあるような気がする。

(チャイと変わったアフリカン楽器)

f:id:Nisshi:20181229131643j:plain

ところで今年五月に自分の内側を知る旅をしようと決め、半年以上経った今、少しは自分のことを知ることができたように思う。あの時、以下の五つについて知ろうと決めた。

①するのが楽しくて

これはやはり、旅、書くこと、人と話すことの三つかな。他言語を勉強するのも楽しいと思う(これも話すことに含まれるかもしれない)。

(あー沖縄ロスは続く)

f:id:Nisshi:20181229131757j:plain

②他の人よりも少しうまくできて

魅力的な旅先を何時間も調べて見つけ出して計画を練ったり(大体の人が旅行の計画や手配をめんどくさいと思うらしい)、面白い旅行をしたり、またその旅行記をご飯を食べるのも忘れて書いたりすることだろうか。あとは日本語か英語かに関わらず、時間を忘れて誰かを話し込ませたりすることはできる(旦那曰く質問が上手だそう)。あぁ、あとどこでも散策しまくって、人を連れて行きたくなるような場所や何かを見つけるのが得意かもしれない。(そして私が身振り手振りでそのことを興奮して話すと、人はだいたい興味を持った)

(穂高養生園、よかったなー)

f:id:Nisshi:20181229131844j:plain

③それをすることが他の人の役に立ち+④誰かが私にお金を払ってでも、その対価を受けたいと思うものは何か

シンガポールでは日本語を教えることと、シンガポールのお勧めスポットの記事を書いて金をもらっていた。話すことと書くこと。そして日本に帰ってからはなぜか今年二人の見知らぬおじちゃんに食べ物をご馳走になったのを思い出す。少しお話ししただけで、一人はコーヒーをご馳走してくださり、もう一人は安倍川餅を食べさせてくれた。学校を辞める時、インターンシップ生の人生相談に応じた際に彼女は「誰にもこういうことを話した事がなかったので、聞いてもらって楽になりました」と言っていた。こないだ元同期と19時から0時まで話した時に彼女は「こんなに長く話せたのひさびさ~」とご満悦だった。

私を含め、世の中に話しを聞いてもらいたい人は溢れている。そういう人の話を何らかの形でうまく聞き、気持ちよく話してもらうというのは一つの価値なのかもしれない。

(今度は中国語でも話せるようにがんばるぞ!)

f:id:Nisshi:20181229132447j:plain

⑤これからの人生に望むもの

仕事だけしかできない生活はもうごめんだと思う。私が望むのは、a. 自分の人生を生き(他人に乗っ取られない、自分のやりたくないことはしない)、b. 仕事とそれ以外のやりたいことのバランスがとれ、c. 誰かを旅行に連れて行ってあげられる経済力があり、d. 行きたい時に行きたい期間旅に出ることができる自由があることかな。

(旅行は大事です。旅行ができない人生は考えられません)

f:id:Nisshi:20181229132309j:plain

さぁ、来年私は年女!どんな出会いや物事が待っているのだろう。来年もよく分からない感じで、やってきたもので面白そうなことを掴んでいき、年末にまたおもしろい一年だったなぁ~とここに書ければいいなと思う。

そして2019年もまた、旅に始まり旅に終わりたい。

美人二代目のいる酒屋さんに行ったら

今日は高速を乗り継いで、美人二代目がいる酒屋さんに日本酒を買いに行く。前に参加した日本酒の利き酒会でエステティシャンからの酒屋二代目と聞き、このお姉さんに興味津々だったのだ。なんでエステティシャンから酒屋の二代目になろうと思ったのかとか、日本酒のことについて色々とお聞きしたくて、顔を覚えていてもらえるうちに行ってみることにした。

高速を降りて結構何もないところを走り、その酒屋さんを発見。戸口をガラガラと引き中に入る。あのキレイなお姉さんがエプロン姿とかで出て来るのを期待していたら、今日は一代目のお父さんだった・・・ガーン(すみません)。どことなくあの美人二代目に似ている。「あのぅ、こないだもみの木での利き酒会に出て、ここを知りまして。女泣かせ、ありますか?」「あぁ、その利き酒会のお客さん?ありますよ」そこからお父さんに日本酒について色々と聞く。「静岡の日本酒を語る時に、これは飲んでおいた方がいいというものはありますか?今のことろ、開運、臥龍梅、磯自慢、女泣かせ、その他こないだの利き酒会で出てきた日本酒を飲んでるんですが」「静岡は酒蔵がたくさんありますからね~。ここにはこの辺の酒造のものは置いてます。初亀、開運、志太泉、杉錦、英君・・・げんこつを作っている富士正酒造は富士宮ですけどね」お父さんのお勧めは開運だった。私も開運は好きなお酒で、鑑評会でも金賞を受賞しているとのこと。

(今日はこのお酒を購入!)

f:id:Nisshi:20181226181605j:plain

「日本酒をたくさん飲んでも味を覚えておくのが大変なんですが、何かコツとかありますか?」「いやぁ、日本酒の味を表現するのは難しいです。食べるものによっても変わりますし、人によって辛いとか甘いとか感じる味覚も違います。日本酒を作った時期や作ってから経った時間などでも変わりますしね」あぁ、やっぱりそうなんですか。お父さん曰く自分で色々と飲んで食べて、日本酒がおいしいと思う食べ物との組み合わせや好みを知っていってほしいとのこと。比較的口当たりのいいのは志太泉とか。

「日本国内では日本酒を飲む人が減って、海外への輸出が増えているそうですね。静岡のお酒もそうですか?」「えぇ、静岡の日本酒も海外に出ていますよ。もうみなさん海外に目を向けていますね。特に杉井酒造さんは日本で輸出量が第二位らしいです。フランスで金賞を受賞したとか。新聞に載っていました」なんかその記事は私も読んだことがある気がするな。「私は前に貿易とか海外の会社と接する仕事をしていまして、日本酒が好きなので日本酒の海外営業の仕事とか探しているんですが、そういうのはありそうですかね。英語を話すのと、中国語を勉強中なので一年後くらいにはペラペラになってます(と思いたい)」「あると思いますよ」きたー!!他にも色々と日本酒について教えてもらい、酒蔵ツアーや日本酒の会などがあったら連絡頂けるとのことで、お父さんに私の連絡先を残しておいた。こういう時に名刺がないのは困る。個人用の名刺を作るか。”Webライター&トラベルプランナー ~一人旅応援します!~ ”とか書いて。

(利き酒体験@奈良町)

f:id:Nisshi:20181226181952j:plain

日本茶の海外営業も面白そうなのだけれど、日本酒の方が食とのつながりが密接で広がりがあるように見える。それに茶に比べて味の違いが分かりやすいし、料理との組み合わせ次第で色んな楽しみ方ができる。まずは英語圏での海外営業を足掛かりに日本酒のことを知り、中国語の勉強もして、将来的には中国での海外営業のようなことができればいいなぁ。などと思いながら、帰路につくのだった。