日本にいるからこそ🎐

日本人も知らない日本を知る

7/18(水)長野県 穂高養生園でリトリート生活 ~探してたのは、ここだ!~

今日から長野県にある穂高養生園で四泊し、自然の中で健康的な食事を取り何もしない数日間を過ごす。病んだら南インドのアーユルベーダ施設でしていたようなことが、ここでもできるかどうか体験してみることにした。朝9:45に自宅を出て、この施設に着いたのは15時頃。想定通り約5時間の道のりだったが、思ったよりも体力を消耗しなかったのは、事前にスーツケースを送り当日はリュック一つと身軽だったからかもしれない。

施設の最寄り駅である有明駅に到着すると、目的地が同じと思われる女性がタクシーを待っていたので相乗りさせて頂くことにした。運転手さん曰く「穂高養生園のお客さんは9割が女性だよ。ほとんどが一人で来て、帰りは友達になってタクシー相乗りで帰って行くよ」とのこと。リピーターが多いらしく、夏休みになるこれからは平日もいっぱいだろうねぇとのことだった。施設までは約15分で2600円だった。

f:id:Nisshi:20180719203146j:plain

受付を済ませて部屋に案内頂く。ここには里の家と新棟があるのだけれど、私が泊まるのは新棟。道を挟んで里の家の斜め前に建物がある。

f:id:Nisshi:20180719203211j:plain

木がふんだんに使われたお部屋はいい匂いがし、ナチュラルテイストのデザインが素敵。光が窓からたくさん差し込んで明るく、気持ちが良い。ただしクーラーがなくて扇風機のみで、これがのちのち部屋を蒸し風呂のようにし頭を朦朧とさせることになる。あと生きているか死んでいるか分からない虫が部屋の中に多い。ゴミ箱やティッシュはない。あとバスタオルやフェイスタオル、歯ブラシなどのアメニティも一切ないので持参が必要。全身シャンプーとリンス、ドライヤーは浴室にあるとのこと。

f:id:Nisshi:20180719203416j:plain

(部屋から外に出れる)

f:id:Nisshi:20180719203631j:plain

部屋をひととおり自分の家のようにして、少し建物の周りを歩いてみる。緑のいい香りと虫の鳴き声、サンサンと降り注ぐ太陽。『あぁ~探していたのはここだ!』と思った。

f:id:Nisshi:20180719203807j:plain

ところでここでの生活は、一日二食で朝食(昼食?)は10:30、夕食は17時半。時間になるとキッチンからベルが聞こえて来る。お風呂は9:3021:30まで入れるが、夜は予約制になっており一回に付き2人までしか入れなくなっている。洗濯機は洗剤付きで無料で使えるし、飲み物も水やお茶は無料だし、本もあって快適。(クーラーがないことによる暑さを除けば)朝はヨガや森の散歩に参加できるし、別料金でアロマテラピーや鍼灸などを受けることもできる。私は暑いので行かないが、今日水曜日はハーバルサウナが受けられるそうです。あとトイレの排せつ物を微生物が分解するとかで、紙はゴミ箱に入れなければならない・・・。タイやマレーシアの旅行を思い出す。

(憩いスペース)

f:id:Nisshi:20180719203853j:plain

(お茶コーナー)

f:id:Nisshi:20180719203902j:plain

(色んな所にタロットカードみたいなのが置いてあり、一枚引いてメッセージを見たりできます)

f:id:Nisshi:20180719203908j:plain

あっという間に夕方になり、夕食のベルが鳴る。決まった時間に全員を集めて、一斉に食べさせるところがなんとも日本式。この日は全員で7人いるようで、カップルで来ている一組を除けば全員一人で来ている模様。男性は1人のみ。さすが日本人。みなさんまともな服装をしておられる。私は施設について速攻すっぴんになり、タンクトップとベトナムを旅した時に履いていたよれよれのパンツのみ。

f:id:Nisshi:20180719204046j:plain

初めて顔を合わせる人同士、軽く挨拶をする。大きなテーブルで食べる人もいれば、外にお盆を持ち出して食べる人もいるし、人と一切かかわりたくなさそうなご婦人は後ろの小さなテーブルで食べていた。食事は恐ろしくおいしく、ここに人がいなかったらきっと私は「フハハハハハ」と笑いだしていたことだろう。一日二食だけだからか、結構量が多い。

f:id:Nisshi:20180719204210j:plain

(デザートも出た)

f:id:Nisshi:20180719204151j:plain

特に一緒に食べている人とペチャクチャ話す訳ではなかったが、誰かがそこにいるという安心感があり、適度な距離感が心地よかった。それにスタッフの方とお話しすることもできるし。「このお皿の焼き物、素敵ですね」とスタッフに話しかけると「栃木の益子焼なんです。これは佐藤何とかさんが焼いていて、普段使いの焼き物がコンセプトらしいです。栃木では年二回くらい陶器市をしているみたいですよ」益子焼は初めて知った。焼き物のある生活って素敵。その後自分の食器を洗って拭き、お風呂に入る。お風呂は温泉の湯を毎日運んできているらしく、檜でできた湯船から木のいい香りが・・・。思わず「あ~えーわー」とつぶやいてしまった。

(お風呂は離れにあります)

f:id:Nisshi:20180719204448j:plain

結局この日は疲れ果てて22時には床に入ったものの、クーラーがないので暑すぎてあまり眠れなかった。夜中にトイレに行くために部屋を開け閉めしていた時に、一匹の虫を挟んでしまったらしく、ドアの隙間にぺちゃんこになってへばりついていた。しょうがないから、記念にこのまま残しておくことにしよう。

大人のホームステイ!静岡の農業民宿に宿泊

日本の自然を堪能しに、農業民宿に宿泊する。しかもこの日は我々がオプションとして申し込んだ流しそうめん体験に、静岡テレビが取材に来るそう。

今回泊まるのは静岡市内から車で一時間半くらいのところにある、古さを感じさせる純和風の素敵なお宿。我々は右側にある十畳一間の母屋に滞在する。

f:id:Nisshi:20180715155130j:plain

お部屋はこんな感じで、室内には洗面所がついている。トイレは外にあり、お風呂は近所の銭湯(しかし16:30に閉まる)か、民宿のお宅のお風呂を19時までにお借りする。

f:id:Nisshi:20180715155301j:plain

撮影前にテレビ局の方がご挨拶に来られた。そして撮影はおもむろに始まる。流しそうめんを我々が食べているところに、レポーターのお姉さんが「あれ~こっちでなんかやっていますね~」という感じで入って来られ、お姉さんもそうめんを食べて「う~ん、おいしい!涼を感じるー!!」と言ったコメントをされたり、我々やもうひと家族にインタビューをしたりした。

(みなさんで記念撮影)

f:id:Nisshi:20180715155836j:plain

この撮影を眺めていた時、レポーターの方はちょっとした女優だと思った。カメラを前にそうめんを食べて気の利いたコメントを言う。それはテレビで食レポなどを見ている時よりもどこか滑稽で、そしてとても難しい職業だと感じた。(傍目に見てカメラに撮られながら、わざとらしくコメントすることがとても不自然だから)前にローカルの旅番組を見ていて、リアクションが大きく感情表現が素直な私は『私この旅レポーターみたいなやつ、できるんちゃうか?』と思ったりしたが、ここでお詫び訂正申し上げたい。最後にかき氷を頂いてランチ終了。

f:id:Nisshi:20180715160812j:plain

その後、川に涼みに行ったり。

f:id:Nisshi:20180715161029j:plain

f:id:Nisshi:20180715161034j:plain

茶摘みをする。

f:id:Nisshi:20180715161137j:plain

ところでここでは5月に取れる一番茶しか作っていないそう。今の時期でも茶は作れるが、茶の市場価格が下がってしまい採算が合わないため作っていないのだとか。ここで作っているのは急須で飲む時に使う高級な茶葉なのだけれど、みなペットボトルの茶を飲むようになり急須用の茶葉の需要は減っているとのこと。そうですか。私は一杯の茶をわざわざ急須で入れて、味わう贅沢というのが好きなんですがね。

さっきとった茶葉は、天ぷらにして頂きました。晩御飯はここの農家で取れた野菜を中心に大変おいしいものだった。大満足!

f:id:Nisshi:20180715162421j:plain

初の農業民宿は大変有意義だった。美しい自然、宿の方との楽しいお話し、健康的なおいしいご飯に満点の星。ここでの時間はゆったりと過ぎて行った。

シンガポールに住んでいた時に日本へ帰国後にしたかったことの一つ「田舎でのんびりする」のステータスをDoneにする。次のやりたいことリストは”南インドのような静養場所を日本で見つける”。

静岡のマルイでは神社の神棚が!あと緑茶バーも

マルイに買い物に行ったら、なんと神棚コーナーがあり驚いた。神戸や大阪のマルイによく行ったが、雑貨はあっても神棚はなかった。興味津々で何が売ってあるのか見てみる。

f:id:Nisshi:20180713173942j:plain

おうちに飾る小さな神棚のよう。お札だけを飾られているおうちも多いのだとか。なんかレプリカみたいで、ちょっとかわいい。

f:id:Nisshi:20180713173945j:plain

伊勢神宮や出雲大社にお供えされているお酒も売っている。これらは兵庫県の酒造が作っている模様。

f:id:Nisshi:20180713173948j:plain

神社に関する本があったので、日本文化の理解を深めるために購入。神話のおへそから読みだすも、聞きなれない神様の名前が多すぎてすぐに寝てしまう。例えば、天之御中主神、高御産巣日神、神産巣日神・・・ひー!!

f:id:Nisshi:20180713173951j:plain

こちらは完全なる酒飲みの趣味で購入。

f:id:Nisshi:20180713173954j:plain

さらにウロウロしていると、色々な緑茶が揃うお店を発見。私は深蒸し茶が好きなので、カウンターで2種類試飲させて頂いて100g茶葉を購入。
www.san-grams.jp

f:id:Nisshi:20180713173958j:plain

ここで色んなお茶を飲むこともできるし、カップに入れてテイクアウトもできます。台湾に行った時、スタバよりもお茶を取り扱っているカフェがすごく多くて嬉しかったが、似たようなお店が身近にもあったとは。ちなみに菊川駅の近くにこのお店のお茶とランチも楽しめるカフェがあり、前に私が行った時は火曜日で運悪く定休日だったのでまた行ってみたい。

f:id:Nisshi:20180713174001j:plain

しかし日本に32年くらい住んでいたが、知らないことがたくさんあるなぁ。あ、注文していた茶香炉が届いた。これはすごく香ばしい茶葉の香りが部屋中に広がって、なかなか幸せな気分になる。今日の夜は、伊勢神宮にお供えされている日本酒を開けるかな。

f:id:Nisshi:20180713175708j:plain

フィリピン人に茶道を英語で説明する

せっかくなので、昨日の茶道体験を英会話で説明することにした。しかしこれが非常に難しかった。普段の日常会話では使わない単語を使うし、質問にうまく答えられない。しかし世間話をだらだらとしているよりも、こっちの方が頭を使っていい練習になることが分かった。

まず奥深い茶道をどこまで説明するかを考えねばならない。禅とかわびさびなどは難しくて日本語でも説明できないので、省く。「茶道を簡単に言うと、茶室で茶をたてて振舞うことです。茶室はすごく狭くて少し暗いです(なぜなんだろう)。通常、掛け軸と生け花があります。」「その掛け軸には何て書いてあるの?」昨日私が見た日日是好日を説明する。「色んなメッセージがあります。元々は中国の僧侶が書いたものです」正しくは禅僧だけど、ややこしくなるので僧侶とする。その後、茶道に使われる茶は抹茶といってとある緑茶(碾茶:てんちゃ)の粉であることや、和菓子が一緒にサーブされること。そして驚くべきことに、茶がサーブされるまでにものすごくたくさんプロセスがあることなどを説明した。

(四畳半でした)

f:id:Nisshi:20180711182422j:plain

質問があふれ出る。「どんな茶器を使うの?どうやって使うの?」えっと、大きな壺みたいなのがあって・・・壺って何て言うんだろう。しかもあれ多分壺じゃない。お湯を組む柄杓が・・・柄杓って何て言うの?あぁ、説明できない!諦めて茶器の写真を送って、茶をたてる部分だけ画面越しにシミュレーションする。「いつTea ceremonyをするの?新年?」いえ、いつでもできます。京都の観光ついでとか、定期的な習い事としてとか。日常的にはあまりされてないです。「何を着るの?着物を着ないといけないの?どこで着物は借りれるの?」「抹茶はどこから来たの?」「Tea ceremonyは何のためにするの?」「いくらなの?」ひー!!

f:id:Nisshi:20180711182359j:plain

終わりの時間が来て先生がコメントする。「今日は色々と勉強になりました。面白そうなので、日本に行ったら茶道をやってみます。いくらか文法は誤りましたが、うまく説明できていましたよ。次はどんな日本の文化を体験するんですか?」「新しく話す話題だったので、難しかったです。週末に農家に泊まりに行くんです。そこで茶摘みをしたり(流しそうめんは、何て言えばいいのかわからない・・・)」「まぁ!それはどこでやるの?」「今住んでいる県内です」「またお話し聞かせてください」「もちろんです」

終わった後、すごくお腹が空いた。頭をフル回転させたらしい。この練習はいいことがたくさんあった。まず自分が英語で話せる分野が増えるし、日本語でも知識が増えること。先生が興味津々で色々と質問してくれるので、会話が弾むということ。それに先生は答えを知らないので、自分が話す比率が8割くらいと多くなる。一番いいのは「自然な会話」になることだと思う。英会話といっても自分が特に話したいと思わない人に、英語を維持するためだけにむりやり話すと疲れる。Tutorも相手に話させるために質問するのが大変なのだ。しかし今回のように日本の文化を紹介すると、お互いの会話が自然になる。私は外国人に日本の文化を紹介したいという目的を持って話しているし、先生も知らないことを普通に質問することができ、キャッチボールにきちんとなる。やはり会話はこうじゃないと。

さてうまく答えられなかった質問も含めて、次なら自分がどう説明するかワードにまとめておこう。そして日本に帰った後にやってみたかったことの一つ「日本の日常を海外に発信する」で使うことにしよう。

熱海で暑すぎる茶道体験

シンガポールに住んでいた頃、日本に帰ったらやってみたかったことの一つ”茶道”を熱海の茶屋で体験してきた。なぜ熱海なのかは分からない。ネットで静岡 茶道体験と検索して出てきたのがそこだった。ちなみにじゃらんで予約できます。

www.jalan.net

最寄り駅は熱海駅から伊東線にのって数駅の網代駅。少し予約時間まで時間があったので海の方に歩いてみると、とてもきれいな景色が広がる。ただ今日はすごく暑い。

f:id:Nisshi:20180710172128j:plain

時間になり、間瀬という茶屋に入る。

f:id:Nisshi:20180710172135j:plain

そして茶室に通して頂く。

f:id:Nisshi:20180710172155j:plain

私は右側の入り口から、お茶をたててくださる店員さんは左側の入り口から別々に入る。部屋には掛け軸があり、意味は確か「毎日がいい日」といったようなことをおっしゃっていた。しかしネットでさらに調べてみると、もっと意味が深い。日日是好日は中国の禅師から伝わった禅語で、宝くじがあたった日も生牡蠣にあたった日も(つまり良いことがあっても悪いことがあっても)、もっというと何かの物差しで日々を良い悪いと捉われることなく、ただひたすらありのままに生きていれば全てが好日(こうにち)であるとのこと。さらに禅についてこんな素敵な教えを見つけた。

禅では、過ぎてしまったことにいつまでもこだわったり、まだ来ぬ明日に期待したりしません。
目前の現実が喜びであろうと、悲しみであろうと、ただ今、この一瞬を精一杯に生きる。
その一瞬一瞬の積み重ねが一日となれば、それは今までにない、素晴らしい一日となるはずです。

Source: 日々是好日 | 禅語を味わう || 黄檗宗 少林山達磨寺

確かに物事を良い悪いと決めず事実ベースだけで生きていれば、目の前のことに一喜一憂しなくても済むのかもしれない。禅の教えか、興味をそそられる。

(本来ならここに生け花も置いてある)

f:id:Nisshi:20180710172205j:plain

「室内はクーラーがありませんので、本当に暑いんです。夏はこの茶道体験はお休みするんですよ」確かにすごく暑い!部屋が小さいし風も入らないので、カンボジアで入った小屋の中でハーブを蒸すスチームサウナを思い起こさせる。『心頭滅却すれば火もまた涼し』と心の中で思いながら、お茶をたてていただく。

f:id:Nisshi:20180710172315j:plain

あくまで体験だったので、非常にプロセスが簡素だった。茶碗を湯で温め、抹茶の粉を二杯茶碗に入れ、湯を注いで、茶筅で茶をたてる。ここでは茶を出すのが主であり、作法までは教えられないとのこと。

f:id:Nisshi:20180710172324j:plain

したがって全く茶道の心得がない私は、適当に茶を飲んで豪快に菓子を食べる。この後は茶室で好きなだけお茶をたてたり飲んだりして、ゆっくりしてくださいとのことだったが、なんせ暑い。一度自分で茶をたててみたが、すごく濃くて苦くなった。

f:id:Nisshi:20180710172410j:plain

そして外に出て写真の練習会と化し、半時間くらいで茶道体験終了!

f:id:Nisshi:20180710172532j:plain

あまりに暑すぎたので、喫茶スペースであんみつを食べることにした。本帰国後、初のあんみつは大変おいしかったです。ただ寒天はこんなにいりませぬ。

f:id:Nisshi:20180710172551j:plain

暑すぎる茶道体験をお店の方も気の毒に思ってくれたのか、帰りに伊豆の踊子というお土産をただで二個持たせてくださった。どうもありがとうございました。

f:id:Nisshi:20180710172556j:plain

しかしこれが私のしたかった茶道体験か??多分、複雑なプロセスを踏む本物の茶道を一度体験してみたかったのでは?あと禅との関りが深い茶道の本質が何なのかを知りたかったのでは?まぁいいや。TO DO LISTの茶道体験をDoneにする。

まだまだ私の茶道への興味はつきそうにない。

南インドケララのような静養先を長野県で見つける

病んだらいつも行っていた南インド・ケララのような静養先を日本で探していたが、ついにそれに近そうな施設を見つけた。しかしこれを見つけるまで、かなりネットで調べまくった・・・。ここまでしつこく調べられる人は中々いないんじゃないかと思う。

(これは南インドのアーユルベーダ施設)

f:id:Nisshi:20180709125209j:plain

まず探していた静養先の条件はこれらだった。①自然が多い所、②健康的な食事ができる、③一人宿泊OK(これが非常に日本は難しい)、④部屋が清潔で快適、⑤自分の世界にゆっくりと浸れる(あまり人とやたらと交流をしなくて済む)。私は南インドでアーユルベーダを受けていた時のように、自然の多い所でまとまった期間ゆっくりしたい。体にいいものを食べて、その辺を自由に散歩したり、本を読んだり、一人で物を静かに考えたり。今は誰かに気を遣ったり、一日の行動を〇〇プログラムのように決められて、他の人と一緒に行動させらずに放っておいてほしかった。

(南インドの自然)

f:id:Nisshi:20180709125443j:plain

始めは自然が多い所ということで、農業民宿を中心に探していた。しかし宿泊人数は2人以上が多く、仮に1人がOKでも長い滞在は断られることもあった。農業民宿は商売というよりも、リタイアした夫婦が空いた時間にのんびりやっているところもあり、長期滞在はあまり好まれないのかもしれない。そしてついに見つけたのは、長野県にある「穂高養生園」http://www.yojoen.com/index.html 。探していた条件にぴったりで、追加料金はあるものの一人で個室もOK。部屋は快適そうだし、参加したければヨガや森林散歩などのイベントもあるが、自由に過ごせる。有料でアロマテラピーなどのトリートメントも受けられるし。決めるのが早い私はさっそく来週に予約を取った。ただし行くのに五時間くらいかかりますが・・・。

(アーユルヴェーダ食)

f:id:Nisshi:20180709125607j:plain

この施設を見つけるまでにもたくさん興味を引かれる宿はあったので、合わせて残しておくことにした。こういう所は旦那を連れて行こう。

1. 秋田県・・・農業民宿。東北ならではの美しい田舎の風景や郷土料理に惹かれる。

 重松の家 | 秋田のグリーン・ツーリズム総合情報サイト 美の国秋田・桃源郷をゆく

2. 埼玉県・・・オーナーの経歴に興味津々。田舎暮らし体験よりも、この方のお話を伺いに行きたい。人生相談に乗ってほしい。絶対近々行きます。

農家民宿 楽屋 のホームページ

3. 岐阜県・・・大自然の中にある一人宿泊OKな農業民宿。ただ車でしか行けない。

アクセス of 自然食泊 愛里

4. 山梨県・・・ワイン民宿という響きだけで、テンションが上がる。

ameblo.jp

5. 愛知県・・・漁師体験ができる民宿。日頃なかなか漁師をする機会はないので面白そう。

漁師旅籠 内藤屋 | 名鉄観光 さとまる

こうして見ると日本は場所によって特産が違ったり、色んなアクティビティがあって旅のバラエティは豊か。その分、これだ!と思うものを見つけ出すのが大変なんですがね・・・。

さて私はこれから病んだら南インドまで行かずに済むか?!長野の宿に期待は膨らむ。

わさび栽培発祥の地で感じるマイナスイオンと蕎麦のうまさ

静岡市葵区玉川地区大沢にある縁側カフェ(http://tsunagari-osawa.com/)というのに興味がある。これは普通の民家の縁側で、一人300円でお茶を頂けるというものらしい。中国の杭州の農家宅で茶を頂いたことがあるが、それと同じことが日本でもできるという訳だ。そこを目指すことにして、まずは腹ごしらえをする。

お昼ご飯にうつろぎ(うつろぎ - オクシズ100選 | オクシズ - 静岡市中山間地域 奥静岡

)というお店のお蕎麦を頂くことにした。ここに行くまでの道中は、結構細くてくねくねとした山道を上がって行くのだけれど(私は恐ろしくて運転できません)、山々が連なり安倍川が見えとても目によい。車を降りると、さらにマイナスイオンがすごい。緑の青々しい匂いがし空気は澄んでおり、辺り一帯が山と茶畑などに囲まれていて本当に気持ちがいい。

f:id:Nisshi:20180708203547j:plain

ところでこのお店のある有東木という場所は、わさび栽培発祥の地らしい。静岡は安倍川餅といい、とろろといい、何かと元祖や発祥が多い。

f:id:Nisshi:20180708203535j:plain

店内に入ったらまずレジの所で注文をし、席に着く。(席を先に抑えた方がいいかもしれない)普段は一時間半待ちらしいのだが、今日はラッキーなことに待たずに座れた。ここのお店は席が素晴らしい。座った前がすぐ小川で目によく、せせらぎが常に聞こえ、チョウチョが飛び、見慣れない鳥の鳴き声が聞こえる。それに涼しい。

f:id:Nisshi:20180708203621j:plain

待ち時間中にカメラで遊んだりできます。

(シャッタースピードを遅くする)

f:id:Nisshi:20180708203630j:plain

普通にする。

f:id:Nisshi:20180708203632j:plain

早くする。

f:id:Nisshi:20180708203635j:plain

Fを絞って、背景をぼかす練習をしたり。(最近写真を撮るのをさぼっていたものだから色々忘れた)

f:id:Nisshi:20180708203648j:plain

そうこうしているとご飯が来た。やはり本場のわさびは違う。たくさん食べてもチューブみたいにやたらとツーンとこない。そして蕎麦にこしがすごくあっておいしい。私が今まで食べていた蕎麦はなんだったんだと思う。美しい自然を感じながら、健康的でおいしい日本食を食べる。こういう時、日本に帰ってきてよかったなぁと思う。神戸や京都などもいいが、やはりシンガポールで都会に囲まれて暮らしていた時の疲れを取り戻すかのように、今の私はまだこのような田舎の自然を求めているのだと知る。

f:id:Nisshi:20180708203726j:plain

店の周りではわさび栽培がされていた。

f:id:Nisshi:20180708203740j:plain

これは、多分わさびですね。

f:id:Nisshi:20180708205912j:plain

この後、約一時間かけて縁側カフェへ行ったのだけれど、閉まるのが15時だったらしく(我々が着いたのは14:45くらいだったような)あまり長居ができなかった。今度はゆっくり行こう。

今日は道中ずっとこのような山々に囲まれて、大変気持ちの良い日曜日でした。やはり日帰りではなく、ちょっとこういう環境にしばらく身を置きたい。それも一人で。またそういう宿を見つけますか。

f:id:Nisshi:20180708203751j:plain